コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

消える キエル

2件 の用語解説(消えるの意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

き・える【消える】

[動ア下一][文]き・ゆ[ヤ下二]
感覚でとらえられなくなる。
㋐姿・形などが見えなくなる。「煙が空に―・える」「男は人ごみの中に―・えた」
㋑音が聞こえなくなる。「足音が―・える」
㋒におい・味・痛みなどが感じられなくなる。「臭みが―・える」
それまであったものが、そこからなくなる。
㋐燃えていた火が絶える。また、発していた光がなくなる。「火が―・える」「街の明かりも―・えた」
㋑雪・霜・露などが、とけたり乾いたりして、なくなる。「日陰の雪も―・えた」
㋒世間の評判、人の感情などが薄れてなくなる。「やがてうわさも―・えるだろう」「憎しみが―・える」
㋓身に備わっていたものが、なくなる。「彼特有の辛辣(しんらつ)さが―・えた」「初出場の硬さが―・える」
㋔埋め合わせがついて、なかったものとなる。「帳簿上の赤字はこれで―・えた」
㋕当然存在するはずの物や人が、なくなったり、いなくなったりする。「宝石が金庫から―・えていた」「人影の―・えたスタジアム」

㋐正気を失う。
「目も眩(く)れ、心も―・えて覚ゆる」〈平家・二〉
㋑死ぬ。
「やがて―・え給ひなば、かひなくなむ」〈・若菜上〉

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

きえる【消える】

( 動下一 ) [文] ヤ下二 き・ゆ
目に見えていたものがなくなって、見えなくなる。
雪・霜などがとけてなくなる。 「山の雪が-・える」
火や灯火が熱・炎などを発しなくなる。 「火が-・える」 「蛍光灯が-・える」 「テレビの画像が-・える」
形が薄れて見えなくなる。 「虹が-・える」 「よく-・える消しゴム」 「面影が-・えない」
感覚がとらえていたものが感じられなくなる。 「語尾が-・える」 「臭みが-・える」
感情・印象など、心に感じていたものがなくなる。 「憎しみが-・える」 「罪の意識が-・えない」
存在していた物がなくなる。行方がわからなくなる。 「一家四人が-・えた」
意識がなくなる。気を失う。 「我にもあらぬ気色にて肝-・えゐ給へり/竹取」
死ぬ。 「やがて-・え給ひなばかひなくなむ/源氏 若菜上

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

消えるの関連キーワード癒える饐える生える見覚える身悶える芽生える掻き消える崩える増える吠える

今日のキーワード

災害派遣

天災地変その他の災害に際して,人命または財産の保護のために行なわれる自衛隊の派遣。災害出動ともいう。都道府県知事などの要請に基づいて,防衛大臣が派遣することを原則とするが,特に緊急を要する場合,要請を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

消えるの関連情報