コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

消える キエル

デジタル大辞泉の解説

き・える【消える】

[動ア下一][文]き・ゆ[ヤ下二]
感覚でとらえられなくなる。
㋐姿・形などが見えなくなる。「煙が空に―・える」「男は人ごみの中に―・えた」
㋑音が聞こえなくなる。「足音が―・える」
㋒におい・味・痛みなどが感じられなくなる。「臭みが―・える」
それまであったものが、そこからなくなる。
㋐燃えていた火が絶える。また、発していた光がなくなる。「火が―・える」「街の明かりも―・えた」
㋑雪・霜・露などが、とけたり乾いたりして、なくなる。「日陰の雪も―・えた」
㋒世間の評判、人の感情などが薄れてなくなる。「やがてうわさも―・えるだろう」「憎しみが―・える」
㋓身に備わっていたものが、なくなる。「彼特有の辛辣(しんらつ)さが―・えた」「初出場の硬さが―・える」
㋔埋め合わせがついて、なかったものとなる。「帳簿上の赤字はこれで―・えた」
㋕当然存在するはずの物や人が、なくなったり、いなくなったりする。「宝石が金庫から―・えていた」「人影の―・えたスタジアム」

㋐正気を失う。
「目も眩(く)れ、心も―・えて覚ゆる」〈平家・二〉
㋑死ぬ。
「やがて―・え給ひなば、かひなくなむ」〈・若菜上〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

きえる【消える】

( 動下一 ) [文] ヤ下二 き・ゆ
目に見えていたものがなくなって、見えなくなる。
雪・霜などがとけてなくなる。 「山の雪が-・える」
火や灯火が熱・炎などを発しなくなる。 「火が-・える」 「蛍光灯が-・える」 「テレビの画像が-・える」
形が薄れて見えなくなる。 「虹が-・える」 「よく-・える消しゴム」 「面影が-・えない」
感覚がとらえていたものが感じられなくなる。 「語尾が-・える」 「臭みが-・える」
感情・印象など、心に感じていたものがなくなる。 「憎しみが-・える」 「罪の意識が-・えない」
存在していた物がなくなる。行方がわからなくなる。 「一家四人が-・えた」
意識がなくなる。気を失う。 「我にもあらぬ気色にて肝-・えゐ給へり/竹取」
死ぬ。 「やがて-・え給ひなばかひなくなむ/源氏 若菜上

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

消えるの関連キーワードメモックロールテープ フィルムタイプ記憶用リリースタイム [release]塗ったところがわかるスティックのりこすって消せるニードルボールペントランジションエフェクトこすって消せるボールペンユニボール ファントム灯滅せんとして光を増すおやっと!消えるペン硝酸銀アンモニア溶液フェードアウト人生朝露の如し十字架を背負う突発性発疹結膜濾胞症心が晴れる影を潜める暗記ノート変幻自在焙り出し

今日のキーワード

ムガベ大統領

1924年、英植民地の南ローデシア(現ジンバブエ)生まれ。解放闘争に参加し、80年にジンバブエを独立に導いた。同年から首相、87年から大統領として実権を握り続けた。2000年以降は白人農場主の農園を強...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

消えるの関連情報