コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

揉む モム

デジタル大辞泉の解説

も・む【×揉む】

[動マ五(四)]
両手の間に挟んでこする。また、両手をこする。「錐(きり)を―・む」「茶を―・む」「塩でキュウリを―・む」
からだを触れ合わせるようにして押し合う。また、激しく揺り動かす。「人込みに―・まれながら歩く」「御輿(みこし)を―・む」
指で包みこむようにして握ったり、てのひらで押したりする。あんまをする。「肩を―・む」
激しく議論をする。「委員会で―・んだ議題」
相手になって教えてやる。「一番―・んでやろう」
(「もまれる」の形で)世間に出ていろいろの経験をする。「実社会で―・まれて成長する」
気をいらいらさせる。いらだたせる。「気を―・む」
激しく攻める。
「追靡(おひなび)け、七八度が程ぞ―・うだりける」〈太平記・一〇〉
数珠を擦り合わせて、仏に強く祈る。
「乳和して護摩にたき、黒煙をたててひともみ―・まれたりければ」〈平家・八〉
10 むち打つなどして馬を急がせる。
「―・めども―・めども、一所にて躍る様なり」〈義経記・四〉
[可能]もめる
[動マ下二]もめる」の文語形

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

もむ【揉む】

( 動五[四] )
両方のてのひらで物を挟んでこする。 「錐きりを-・む」 「紙を-・んで柔らかくする」
指先や手でつかんで力を加え、はなすことを繰り返す。 「肩を-・む」 「きゅうりを塩で-・む」
大勢の人が入り乱れて押し合う。 「満員電車に-・まれて通う」
激しくゆすり動かす。 「御輿を-・む」 「波に-・まれる」
きたえる。苦労をなめさせる。特に、スポーツ・勝負事などでいう。 「一丁-・んでやろう」 「余り真面目ゆゑ、夫は些ちつと-・むでやらうで/多情多恨 紅葉
意見を出しあって十分に議論する。 「委員会で法案を-・む」
馬を激しくせめたてる。 「 - ・めども-・めども、一所にて踊る様なり/義経記 4
軍勢などが互いにぶつかりあってたたかう。 「七八度が程ぞ-・うだりける/太平記 10
(「数珠じゆずをもむ」の意から)激しく手を擦り合わせて祈禱きとうする。 「黒煙をたててひともみ-・まれたりければ/平家 8」 → もまれる
[可能] もめる
( 動下二 )
もめる
[慣用] 気を- ・手を- ・身を-
[句項目]

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

揉むの関連キーワード揉みに揉むキュウリ一揉み人込み実社会御輿護摩両手黒煙一所

今日のキーワード

ムガベ大統領

1924年、英植民地の南ローデシア(現ジンバブエ)生まれ。解放闘争に参加し、80年にジンバブエを独立に導いた。同年から首相、87年から大統領として実権を握り続けた。2000年以降は白人農場主の農園を強...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

揉むの関連情報