コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

揉む モム

2件 の用語解説(揉むの意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

も・む【×揉む】

[動マ五(四)]
両手の間に挟んでこする。また、両手をこする。「錐(きり)を―・む」「茶を―・む」「塩でキュウリを―・む」
からだを触れ合わせるようにして押し合う。また、激しく揺り動かす。「人込みに―・まれながら歩く」「御輿(みこし)を―・む」
指で包みこむようにして握ったり、てのひらで押したりする。あんまをする。「肩を―・む」
激しく議論をする。「委員会で―・んだ議題」
相手になって教えてやる。「一番―・んでやろう」
(「もまれる」の形で)世間に出ていろいろの経験をする。「実社会で―・まれて成長する」
気をいらいらさせる。いらだたせる。「気を―・む」
激しく攻める。
「追靡(おひなび)け、七八度が程ぞ―・うだりける」〈太平記・一〇〉
数珠を擦り合わせて、仏に強く祈る。
「乳和して護摩にたき、黒煙をたててひともみ―・まれたりければ」〈平家・八〉
10 むち打つなどして馬を急がせる。
「―・めども―・めども、一所にて躍る様なり」〈義経記・四〉
[可能]もめる
[動マ下二]もめる」の文語形。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

もむ【揉む】

( 動五[四] )
両方のてのひらで物を挟んでこする。 「錐きりを-・む」 「紙を-・んで柔らかくする」
指先や手でつかんで力を加え、はなすことを繰り返す。 「肩を-・む」 「きゅうりを塩で-・む」
大勢の人が入り乱れて押し合う。 「満員電車に-・まれて通う」
激しくゆすり動かす。 「御輿を-・む」 「波に-・まれる」
きたえる。苦労をなめさせる。特に、スポーツ・勝負事などでいう。 「一丁-・んでやろう」 「余り真面目ゆゑ、夫は些ちつと-・むでやらうで/多情多恨 紅葉
意見を出しあって十分に議論する。 「委員会で法案を-・む」
馬を激しくせめたてる。 「 - ・めども-・めども、一所にて踊る様なり/義経記 4
軍勢などが互いにぶつかりあってたたかう。 「七八度が程ぞ-・うだりける/太平記 10
(「数珠じゆずをもむ」の意から)激しく手を擦り合わせて祈禱きとうする。 「黒煙をたててひともみ-・まれたりければ/平家 8」 → もまれる
[可能] もめる
( 動下二 )
もめる
[慣用] 気を- ・手を- ・身を-
[句項目]

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

揉むの関連キーワード間紙膿む挟み撃つ挟み込む挟み竹幕間劇折込む簾麩たくし込む傾斜パッド (degree pad)

今日のキーワード

信長協奏曲(コンツェルト)

石井あゆみによる漫画作品。戦国時代にタイムスリップした現代の高校生が病弱な織田信長の身代わりとして生きていく姿を描く。『ゲッサン』2009年第1号から連載開始。小学館ゲッサン少年サンデーコミックス既刊...

続きを読む

コトバンク for iPhone

揉むの関連情報