摩擦クラッチ(読み)まさつクラッチ(英語表記)friction clutch

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

摩擦クラッチ
まさつクラッチ
friction clutch

2軸の端部に円錐または円板状の部品を取付けて組合せ接触させたときの摩擦力で回転を伝達するクラッチ。接触部を油中に浸す湿式と油類を用いない乾式の2形式がある。後者は低速・低荷重で,断続回数が比較的少いときに使用される。円錐面を利用するものを円錐摩擦クラッチ,円板を用いるものを円板摩擦クラッチ (ディスククラッチ) という。ディスククラッチには単板式と多板式があり,自動車用クラッチは乾式・単板式である。摩擦板は,炭素繊維,スチール繊維,ガラス繊維などを特殊樹脂加工して製作される。このほか,軸回転数がある値をこせば,遠心力によって摩擦板を押広げて接触させる形式の遠心クラッチ (スクータに適用) ,工作機械用の割りリングクラッチ,圧延機や物上げ機械にみられる帯クラッチなどがある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

摩擦クラッチ
まさつくらっち

二枚の板を接触させ接触面の摩擦によって回転を伝える装置。摩擦面の形には平面円板、円錐(えんすい)、円周面などがある。原動軸端に取り付けた円板に、従動軸の一端に固定した円板を押し付け、回転を伝えるが、押し付ける圧力の大小により従動軸の回転を加減することができる。また間欠的に回転を伝えたり、過荷重の伝達を防止するときにも使用される。回転を断続するとき衝撃が少ない利点がある。

[中山秀太郎]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

まさつ‐クラッチ【摩擦クラッチ】

〘名〙 (クラッチはclutch) 二軸の接触面の摩擦によって動力を伝える継手の一種。レバーなどによって接触面の分離・接触を制御する。接触面は常時、ばねによって押されている。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の摩擦クラッチの言及

【クラッチ】より

…クラッチの着脱は外部から操作できるのが通例であるが,一方向クラッチのように回転軸の回転方向によりクラッチが着脱されるもの,遠心クラッチのように回転軸の回転速度が一定の限度を越えるか越えないかによって着脱されるものもある。 クラッチの種類は多いが,そのうち主要なものはかみ合いクラッチおよび摩擦クラッチである。かみ合いクラッチは,原動軸,従動軸のそれぞれに,いくつかつめをもったブロックを取りつけたもので,外部からの操作により両ブロックを軸方向に接近させ,つめをかみ合わせて2軸を連結する。…

【摩擦伝動】より

…このように表面に作用する摩擦力により動力を伝達する方法を摩擦伝動といい,それに用いられる車を摩擦車という。摩擦車の形状としては円筒のほか,円錐および球形が使用され,また,円板どうしの接触によって動力の断続を行う摩擦クラッチも摩擦伝動の一種とみなせる。 いずれにしても摩擦伝動においては,摩擦力を発生させるために接触面に垂直な押しつけ力を作用させなければならない。…

※「摩擦クラッチ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報