コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

撓曲 とうきょくflexure

翻訳|flexure

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

撓曲
とうきょく
flexure

地層などが曲る現象。褶曲と同義語として用いられるほか,曲げ褶曲だけをさすこともある。後者の用法では,断層を伴わないで地層の相対的なずれを生じる場合をいう。この現象はフレキシュラル・スリップと呼ばれ,褶曲の軸部などでもみられる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

とうきょく【撓曲 flexure】

地層の変形構造の一種。地殻の隣り合う部分が相対的に上下変位をした場合,その境界に沿って地層が急傾斜する部分ができる。この部分を撓曲という。褶曲の一種でもあり,撓曲が対称的に存在する場合は箱形褶曲と呼ばれる。撓曲が進行すると撓曲部分の地層は切断し,食違いを生じて断層となる。逆に,地下の断層が地表まで達しない場合,地表近くでは撓曲の形態をとることが多い。【衣笠 善博】

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

撓曲
とうきょく
flexure

褶曲(しゅうきょく)の一種で、水平もしくは傾斜の緩やかな地層が、段差をもつように狭い範囲で曲がる現象。地層が撓曲の部分のみ相対的に急傾斜となり、その両側がほとんど水平な状態になっている。二つの地塊の一つが他方に対して相対的に上昇するとき、地塊の上部の被覆層が切断されることなく局所的に曲がった場合に形成される。撓曲はしばしば断層に移化する。また、地下では断層運動がおこり、地表付近では撓曲になっている例も、活断層調査(トレンチ調査)で明らかにされている。撓曲部の地層が逆転している場合は、地下に存在する断層は逆断層であると考えられる。第四紀の地層が撓曲している場合は、活断層と同じ意味合いをもつ。[伊藤谷生・村田明広]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

撓曲の関連キーワードパイロフィライトロンドン盆地座ヒトデ類富良野盆地プレスパ湖金沢(市)仙台(市)構造地形断層地形地質構造パリ盆地紀伊水道天塩山地輝水鉛鉱名取平野関東平野ロポリス輝安鉱地塊曲動

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android