コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

放射能探査 ほうしゃのうたんさradioactive prospecting

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

放射能探査
ほうしゃのうたんさ
radioactive prospecting

放射能探鉱ともいう。岩石や鉱物に含まれている放射性物質の崩壊によって放射されるβ粒子,α粒子,γ線を探ることによって,地下構造や放射性鉱物などを探査するものである。しかし,地上でβ粒子やα粒子を検出することは,それらが影響を及ぼす範囲が小さすぎるため,特にγ線を探査する。γ線は地上でも,また航空機によって空中からでも検出できる。測定にはシンチロメータ (シンチレーション計数管) ,ガイガー計数管などが使用される。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

百科事典マイペディアの解説

放射能探査【ほうしゃのうたんさ】

地表で地下の放射性鉱物に基づく放射能異常を測定し,鉱床の探査および地質構造を調査すること。ウラン鉱床などの探査では測定器を積んだ航空機による広域調査,次いで自動車,徒歩による局部調査が行われる
→関連項目物理探査

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ほうしゃのうたんさ【放射能探査 radiometric prospecting】

放射能の検出に基づく探査法で,物理探査の一つ。天然放射性鉱物から放射される放射線(主としてγ線)を地表あるいは空中で計測し,地表あるいは地下の地質構造や放射性鉱物の分布などを調べる探査法である。一般に岩石を構成する鉱物にはわずかながらウラントリウムなどの放射性元素が含まれているが,その放射線の量はごく微弱である。しかし,まれには多量の放射性元素が濃集して存在し,放射性鉱床を形成していることがある。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

世界大百科事典内の放射能探査の言及

【地質調査】より

…しかしながら,この推定を確かめたり,さらに深いところの状態を推定するためには,他の方法を用いなければならない。(1)物理探査 いろいろな地球物理学的手法を用いて行う調査方法であり,主として利用する物理量の違いによって方法が異なり,それぞれ,地震探査,重力探査,磁気探査,電気探査,放射能探査,地温探査,物理検層などと呼ばれている。(a)地震探査 地下の岩石や地層の中を波動として伝搬する弾性波の速度を測定することによって,地下構造を明らかにする調査で,古くから,自然発生地震によって地球の内部構造,とりわけ地殻やマントル上部の構造を明らかにするために用いられてきた方法である。…

※「放射能探査」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

放射能探査の関連情報