不敵(読み)ふてき

精選版 日本国語大辞典「不敵」の解説

ふ‐てき【不敵】

〘名〙 (形動) 勢いも力も強く相手になる者がいないこと。大胆で恐れないことや乱暴で無法なこと。また、そのさま。
※明衡往来(11C中か)上本「人馬倶以辟易、爰知其力不也」
※保元(1220頃か)上「幼少より不敵にして、兄にも所を置かず」 〔荀子‐王制

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「不敵」の解説

ふ‐てき【不敵】

[名・形動]敵を敵とも思わないこと。大胆でおそれを知らないこと。乱暴で無法なこと。また、そのさま。「不敵面構つらがまえ」「大胆不敵
[類語]大胆豪胆豪放放胆剛直不屈剛毅剛健堅固確固強固強靭タフ不退転不撓ふとう不屈堅忍不抜剛毅大胆不敵豪快磊落らいらく肝が据わる・肝っ玉が据わる・腹が据わる・度胸が据わる

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

普及版 字通「不敵」の解説

【不敵】ふてき

敵とも思わない。

字通「不」の項目を見る

出典 平凡社「普及版 字通」普及版 字通について 情報

今日のキーワード

ワールドカップ

4年ごとに開催されるサッカーの世界選手権。国際サッカー連盟(FIFA(フィファ))が主催し、その加盟協会の代表チームによって争われる。[大住良之]概要FIFA傘下の6地域連盟ごとの「予選大会」と、それ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android