不敵(読み)ふてき

精選版 日本国語大辞典「不敵」の解説

ふ‐てき【不敵】

〘名〙 (形動) 勢いも力も強く相手になるがいないこと。大胆で恐れないことや乱暴で無法なこと。また、そのさま。
明衡往来(11C中か)上本「人馬倶以辟易、爰知其力不也」
※保元(1220頃か)上「幼少より不敵にして、兄にも所を置かず」 〔荀子王制

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「不敵」の解説

ふ‐てき【不敵】

[名・形動]敵を敵とも思わないこと。大胆でおそれを知らないこと。乱暴で無法なこと。また、そのさま。「不敵面構つらがまえ」「大胆不敵
[類語]大胆豪胆豪放放胆剛直不屈剛毅剛健堅固確固強固強靭タフ不退転不撓ふとう不屈堅忍不抜剛毅大胆不敵豪快磊落らいらく肝が据わる肝っ玉が据わる・腹が据わる度胸が据わる

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

国民栄誉賞

内閣総理大臣表彰の一つ。1977年内閣総理大臣の福田赳夫の決裁により設けられた。「広く国民に敬愛され,社会に明るい希望を与えることに顕著な業績のあった者」に贈られる。第1回受賞者はプロ野球選手の王貞治...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android