堅忍不抜(読み)けんにんふばつ

四字熟語を知る辞典「堅忍不抜」の解説

堅忍不抜

意志がかたく、じっとこらえて心のぐらつかないこと。

[使用例] しかし日本の国民性はこの点にかけては堅忍不抜で、多勢とともにならずいぶんいい辛抱をする[柳田国男雪国の春|1928]

[使用例] 私は堅忍不抜の愛などというものをからっきし持ち合わせていない。いたり消えたりのの赴くまま、自分勝手の悦楽や、旅にほしいままに出向いてしまう[檀一雄*火宅の人|1975]

[解説] 「堅忍」は意志がかたく、耐え忍ぶこと。「不抜」はかたくて抜けない、確固として動じないこと。

出典 四字熟語を知る辞典四字熟語を知る辞典について 情報

精選版 日本国語大辞典「堅忍不抜」の解説

けんにん‐ふばつ【堅忍不抜】

〙 かたくこらえて心のぐらつかないこと。
※西国立志編(1870‐71)〈中村正直訳〉八「また勇気世を蓋ひ、堅忍不抜の志ある人なり」 〔蘇軾‐鼂錯論〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「堅忍不抜」の解説

けんにん‐ふばつ【堅忍不抜】

つらいことも耐え忍んで、どんな困難にも心を動かさないこと。「堅忍不抜の態度」
[類語]剛直不屈剛毅剛健堅固確固強固強靭タフ不退転不撓ふとう不屈剛毅豪胆大胆大胆不敵不敵放胆豪放豪快磊落らいらく肝が据わる・肝っ玉が据わる・腹が据わる・度胸が据わる

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

国民栄誉賞

内閣総理大臣表彰の一つ。1977年内閣総理大臣の福田赳夫の決裁により設けられた。「広く国民に敬愛され,社会に明るい希望を与えることに顕著な業績のあった者」に贈られる。第1回受賞者はプロ野球選手の王貞治...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android