大胆不敵(読み)ダイタンフテキ

デジタル大辞泉の解説

だいたん‐ふてき【大胆不敵】

[名・形動]度胸があって、恐れを知らないこと。また、そのさま。「大胆不敵な面がまえ」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

だいたんふてき【大胆不敵】

( 名 ・形動 ) [文] ナリ 
大胆で何物をも恐れない・こと(さま)。 「 -な行動」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

だいたん‐ふてき【大胆不敵】

〘名〙 (形動) ひじょうに大胆であること。大胆で敵するものがないこと。大胆で物に動じないこと。また、そのさま。
※玉塵抄(1563)一二「人はけなげな者をば大胆不敵ものと云ぞ」
※火の点いた煙草(1927)〈横光利一〉「もしも彼女が美しくないならば、かやうに度々、大胆不敵な桃色の封筒を出し得る筈がなかったからである」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

バンクシー

英ロンドンを中心に活動する覆面アーティスト。世界各地の街に現れて建物の壁などに社会風刺的なグラフィティアートを描くなど、ゲリラ的なアート活動を行っている。2005年に自身の作品を世界各国の有名美術館に...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

大胆不敵の関連情報