大胆不敵(読み)だいたんふてき

四字熟語を知る辞典「大胆不敵」の解説

大胆不敵

度胸があって、まったく敵を恐れないこと。

[活用] ―な・―に・―だ。

[使用例] その床へもぐりこんで、盗人は、大胆不敵にも、一寝入りしていったものらしく[舟橋聖一雪夫人絵図|1948~50]

[使用例] 大胆不敵に規律を破るほどの学生なら、その団体の風儀の悪いところを煮詰めたようなおりを持っている[井伏鱒二*駅前旅館|1956~57]

出典 四字熟語を知る辞典四字熟語を知る辞典について 情報

精選版 日本国語大辞典「大胆不敵」の解説

だいたん‐ふてき【大胆不敵】

〙 (形動) ひじょうに大胆であること。大胆で敵するものがないこと。大胆で物に動じないこと。また、そのさま。
※玉塵抄(1563)一二「人はけなげなをば大胆不敵ものと云ぞ」
※火の点いた煙草(1927)〈横光利一〉「もしも彼女が美しくないならば、かやうに度々、大胆不敵な桃色封筒を出し得るがなかったからである」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「大胆不敵」の解説

だいたん‐ふてき【大胆不敵】

[名・形動]度胸があって、恐れを知らないこと。また、そのさま。「大胆不敵な面がまえ」
[類語]剛直不屈剛毅剛健堅固確固強固強靭タフ不退転不撓ふとう不屈堅忍不抜剛毅豪胆大胆不敵放胆豪放豪快磊落らいらく肝が据わる肝っ玉が据わる・腹が据わる・度胸が据わる

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

国民栄誉賞

内閣総理大臣表彰の一つ。1977年内閣総理大臣の福田赳夫の決裁により設けられた。「広く国民に敬愛され,社会に明るい希望を与えることに顕著な業績のあった者」に贈られる。第1回受賞者はプロ野球選手の王貞治...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android