コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

散り行く花

デジタル大辞泉プラスの解説

散り行く花

1919年製作のアメリカ映画。原題《Broken Blossoms》。監督:D・W・グリフィス、出演:リリアン・ギッシュ、リチャード・バーセルメス、ドナルド・クリスプ、アーサー・ハワードほか。

出典 小学館デジタル大辞泉プラスについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ちりゆくはな【散り行く花 Broken Blossoms】

1919年製作のアメリカ映画。〈映画が初めて描いた本物の悲劇〉〈映画における初めての高貴にして偉大なメロドラマ〉と評され,《国民の創生》(1915),《イントレランス》(1916)に次ぐD.W.グリフィス監督の〈第三の傑作〉ともいわれる作品。グリフィスがチャールズ・チャップリン,ダグラス・フェアバンクス,メリー・ピックフォードとともに1919年に創立した配給会社ユナイテッド・アーチスツの第1回配給作品として製作したもので,ピックフォードのすすめでイギリスの作家トマス・バークの短編小説集《ライムハウスの夜》(1916)の中の1編《シナ人と子供》をみずから脚色し,19世紀ロンドン東部の貧民街を舞台に,理想を夢みる中国人の青年と,ボクサーの父に虐待される少女とのロマンスを描いた(バークの原作は探偵小説作家エラリー・クイーンにより,E.A.ポーに始まる探偵小説史上重要な短編のアンソロジー《クイーンの定員》にも収録された〈巧妙な殺人物語〉(クイーン)であるが,グリフィスはその猟奇的な落ちを捨てた)。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内の散り行く花の言及

【ギッシュ】より

…15年,危地におちる南部の名家の令嬢を演じた《国民の創生》の大ヒットで彼女の名も世界的に有名になり,《イントレランス》(1916)では四つのエピソードをつなぐかなめとなる揺籃をゆする象徴的な母のイメージを演じた。《散り行く花》(1919)では〈白いつぼみ〉と呼ばれるかれんな貧しい少女を,《東への道》(1920)では心ない中傷に悩まされる薄幸な娘を演じた。とくに後者の流氷とともに滝に向かって流されるクライマックスは名高く,またフランス革命の嵐の中で残酷な運命にもてあそばれる姉妹役でドロシーと共演した《嵐の孤児》(1921)ではギロチンで処刑されそうになる。…

【グリフィス】より

…ルネ・クレールは〈映画芸術は,グリフィス以後なんらの本質的なものを付け加えていない〉とまでいったほどである。 しかし,莫大な製作費を注ぎこんだ《イントレランス》が興行的に失敗した後のグリフィスは,リリアン・ギッシュをヒロインにした《散り行く花》(1919)や《東への道》(1920)が評価されたにすぎず,初のトーキー《世界の英雄》(1930)に続く《苦闘》(1931)を最後に映画界を退かざるを得なかった。《散り行く花》をトーキーで再映画化する企画も実現しなかった。…

※「散り行く花」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

散り行く花の関連キーワードリリアン ギッシュギッシュ(姉妹)

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android