コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

敵基地攻撃能力

2件 の用語解説(敵基地攻撃能力の意味・用語解説を検索)

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

敵基地攻撃能力

弾道ミサイルの発射基地など敵の基地をたたく装備能力のこと。「日米防衛協力のための指針」(ガイドライン)に「米軍は必要に応じ打撃力を有する部隊の使用を考慮する」との取り決めがあり、相手基地への攻撃は原則として米軍に委ねるとしている。

(2013-05-18 朝日新聞 朝刊 4総合)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

敵基地攻撃能力
てききちこうげきのうりょく

弾道ミサイルの発射基地など敵国の基地や拠点などを攻撃する装備能力。敵基地攻撃能力に関する日本政府の見解は次の通りである。「わが国に対して急迫不正の侵害が行われ、その侵害の手段としてわが国土に対し、誘導弾等による攻撃が行われた場合、座して自滅を待つべしというのが憲法の趣旨とするところだというふうには、どうしても考えられないと思うのです。そういう場合には、そのような攻撃を防ぐのに万やむを得ない必要最小限度の措置をとること、たとえば誘導弾等による攻撃を防御するのに、他に手段がないと認められる限り、誘導弾等の基地をたたくことは、法理的には自衛の範囲に含まれ、可能であるというべきものと思います」(鳩山(はとやま)一郎首相答弁、船田中防衛庁長官代読、昭和31年2月29日衆議院内閣委員会15号)。
 実際の敵基地攻撃は、航空機による敵基地攻撃の場合、戦闘機の管制機能をもつ空中早期警戒管制機(AWACS)に指揮された戦闘機が空中給油を受けながら長距離を飛行し、敵基地に接近すると電子戦機が妨害電波を出して敵の地上レーダーを撹乱(かくらん)する。さらに、戦闘機は対レーダーミサイルを発射して敵のレーダーを破壊する。このようにして敵の防空網に突破口を開けた後、戦闘機がレーザー誘導爆弾等を投下して敵基地や弾道ミサイルの移動式発射台を破壊する。また、敵の指揮施設や地対空ミサイル陣地などの地上固定目標に対しては、衛星利用測位システムを利用した精密誘導兵器である巡航ミサイルや弾道ミサイルも使用される。その他、特殊部隊が敵基地に侵入し破壊する方法もある。[村井友秀]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

敵基地攻撃能力の関連キーワードSLBM潜水艦発射弾道ミサイル大陸間弾道ミサイル中距離弾道ミサイルFBM大浦洞舞水端里戦略兵器北朝鮮の弾道ミサイル北朝鮮の弾道ミサイルの射程

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

敵基地攻撃能力の関連情報