コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

文屋康秀 ふんやのやすひで

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

文屋康秀
ふんやのやすひで

平安時代前期の歌人六歌仙の一人。宗于 (むねゆき) の子。文琳 (ぶんりん) とも呼ばれた。縫殿介 (従六位上相当) 。小野小町と交渉があったといわれる。仁明天皇一周忌の歌や清和天皇妃高子に奉った歌などがある。『惟貞親王歌合』の作者ともいわれるが,これはその子朝康と混同されたのかともいう。『古今集』『後撰集』に6首入集。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

ふんや‐の‐やすひで【文屋康秀】

平安前期の歌人。六歌仙の一人。文琳とも称した。古今集に和歌5首が伝わっている。生没年未詳。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

文屋康秀 ふんやの-やすひで

?-? 平安時代前期の歌人。
六歌仙のひとり。山城大掾(だいじょう)などをへて,元慶(がんぎょう)3年(879)縫殿助(ぬいどののすけ)となる。「古今和歌集」に3首,「後撰和歌集」に1首はいっている。姓は文室ともかく。
【格言など】吹くからに秋の草木のしをるればむべ山風をあらしといふらむ(「小倉百人一首」)

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

ふんやのやすひで【文屋康秀】

平安初期の歌人。六歌仙の一人。生没年不詳。《古今集》巻十六に深草帝(仁明天皇)の没した850年(嘉祥3)のおそらく翌年に詠んだと思われる歌がある。官は860年(貞観2)に刑部中判事。三河掾,山城大掾をへて879年(元慶3)縫殿助。《古今集》には,文屋康秀が三河掾になって県見(あがたみ)に誘った際に詠んだという,小野小町の〈わびぬれば身を浮き草の根を絶えて誘ふ水あらばいなむとぞ思ふ〉(巻十八)の歌がのせられている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

ふんやのやすひで【文屋康秀】

平安前期の歌人。六歌仙の一人。文琳とも称した。「是貞親王家歌合」の詠者。古今和歌集に五首、後撰和歌集に一首入集。生没年未詳。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

文屋康秀
ふんやのやすひで

生没年未詳。平安前期の歌人。六歌仙、三十六歌仙の1人。860年(貞観2)刑部中判事に任ぜられ、877年(元慶1)山城大掾(だいじょう)、879年縫殿介(ぬいどののすけ)に任ぜられた。『古今集』に参河掾(みかわのじょう)になったときの小野小町との贈答歌があり、また仁明(にんみょう)天皇の御国忌(みこき)(851)の歌や「惟貞(これさだ)親王家歌合(うたあわせ)」の歌などがある。『古今集』の序に「ことばたくみにして、そのさま身におはず。いはばあき人のよききぬきたらんが如(ごと)し」とある。勅撰(ちょくせん)所載歌は『古今集』以下四首。
 吹くからに秋の草木のしをるればむべ山風をあらしといふらむ[島田良二]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内の文屋康秀の言及

【六歌仙】より

…《万葉集》の後,和歌の道はまったくおとろえていたが,その時期に〈いにしへの事をも歌をも知れる人,よむ人多からず。……近き世にその名きこえたる人〉としてあげられた僧正遍昭在原業平文屋康秀喜撰法師小野小町大友黒主,の6人のこと。序の筆者紀貫之より1世代前の人々で《古今集》前夜の代表的歌人として《古今集》時代の和歌の隆盛を導いた先駆者たちである。…

※「文屋康秀」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

文屋康秀の関連キーワード中古三十六歌仙古今和歌集六歌仙容彩文屋朝康百人一首決り字負う

今日のキーワード

主婦休みの日

1、5、9月の25日。年3回。株式会社サンケイリビング新聞社が制定。主婦にはリフレッシュ、ほかの家族には家事を提唱する。年末年始、ゴールデンウィーク、夏休みといった忙しい期間の後に設定されている。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android