コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

文章道(読み)もんじょうどう

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

文章道
もんじょうどう

律令制大学寮で教えた4学科の一つ。漢詩文と歴史を内容とする。最初大学では学科の分科はみられず,経学 (明経) を中心としていたが,漢文学の隆盛に伴い神亀5 (728) 年に漢詩文を内容とする文章道が明経道から独立し,平安時代に入るとますます盛んとなり,歴史を内容とする紀伝道 (きでんどう) と合体し,貴族の学問の中心となった。教科書には『史記』『漢書』『後漢書』など中国の歴史書や『文選 (もんぜん) 』などの漢詩文集が使用された。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

大辞林 第三版の解説

もんじょうどう【文章道】

律令制の大学の学科の一つである紀伝道の別名。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の文章道の言及

【歌道】より

…和歌の道のこと。漢詩文の文章道(もんじようどう)に対して和歌(やまとうた)の創作および和歌に関する学問を追求する学芸。和歌は日本語による唯一の文芸であるという自覚は奈良朝万葉歌人から見られるが,漢詩と対抗する宮廷文芸たりうるとする歌道意識が明確になるのは10世紀初頭の《古今集》撰進頃からで,《紀師匠家曲水宴和歌(きししようけごくすいえんのわか)》の凡河内躬恒の序でも〈うたのみち〉と言っている。…

【紀伝道】より

…教場としては大学寮の北側に文章院(北堂)があったが,平安末期にはすたれ,教官の家塾で教育が行われた。なお学科の正式名称は紀伝道で,文章道(もんじようどう)ではない。【土田 直鎮】。…

※「文章道」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報