コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

県鳥 けんちょう

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

県鳥
けんちょう

都道府県のシンボルとして選ばれた鳥。国鳥に準じて各県でも県民の鳥を指定し,鳥類保護思想の普及に役立てようとしたのがその始りである。現在全県が県鳥を決めている。たとえば北海道のタンチョウ,東京都のユリカモメ,新潟県のトキ,沖縄県のノグチゲラなど。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

けん‐ちょう〔‐テウ〕【県鳥】

都道府県で、郷土を代表するものとして選定されている鳥。東京都のユリカモメ、富山県のライチョウ、新潟県のトキなど。→県木県花
[補説]県鳥一覧
北海道タンチョウ
青森ハクチョウ
岩手キジ
宮城ガン
秋田ヤマドリ
山形オシドリ
福島キビタキ
茨城ヒバリ
栃木オオルリ
群馬ヤマドリ
埼玉シラコバト
千葉ホオジロ
東京ユリカモメ
神奈川カモメ
新潟トキ
富山ライチョウ
石川イヌワシ
福井ツグミ
山梨ウグイス
長野ライチョウ
岐阜ライチョウ
静岡サンコウチョウ
愛知コノハズク
三重シロチドリ
滋賀カイツブリ
京都オオミズナギドリ
大阪モズ
兵庫コウノトリ
奈良コマドリ
和歌山メジロ
鳥取オシドリ
島根ハクチョウ
岡山キジ
広島アビ
山口ナベヅル
徳島シラサギ
香川ホトトギス
愛媛コマドリ
高知ヤイロチョウ
福岡ウグイス
佐賀カササギ
長崎オシドリ
熊本ヒバリ
大分メジロ
宮崎コシジロヤマドリ
鹿児島ルリカケス
沖縄ノグチゲラ

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

県鳥【けんちょう】

都道府県を代表する鳥。1963年農林省が第1次保護事業計画の一つとして各地方自治体に県鳥選定を通達したことによる。なお,同時に県獣を定めた県もある。以下に各県鳥を列記する。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

けんちょう【県鳥】

各都道府県を象徴する鳥として指定されたもの。1963年農林省の第1次保護事業計画の一環として,各地方自治体に県鳥選定の通達を出したことにはじまる。これにしたがって,公募などの適当な方法でシンボルとしての鳥が1種ずつ選定され,現在では全都道府県の県鳥が決定している。もっともふつうに見られる鳥,よく親しまれている鳥,姿や色彩の美しい鳥,鳴声のよい鳥,あるいは県独自で保護をしている鳥などが選ばれている。広く全国民に鳥獣保護の思想を喚起し普及する目的で呼びかけられたものであるが,これが新設されてからまだ日も浅く,国民の心情の中に十分定着させるためには,なおいっそうの努力が望まれる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

けんちょう【県鳥】

各都道府県を代表するものとして、県ごとに定められた鳥。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

県鳥
けんちょう

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内の県鳥の言及

【県花・県木】より

…したがって県によっては,県花のはっきりしないところもあり,混乱の生じている県もあるが,一般には,県が独自に制定しているところではその県花が,とくに定めのない県では〈郷土の花〉が県花として扱われている。
[県木]
 〈郷土の花〉の発表がきっかけとなって,1963年には,鳥獣保護連盟,日本野鳥の会などの呼びかけによる〈県鳥〉選定など,県ごとに象徴の選定が行われるようになった。このようななかで,65年,国土緑化運動の一環として,毎日新聞社が県木の選定を全国に呼びかけた。…

※「県鳥」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

県鳥の関連キーワードシラコバト(白子鳩)株式会社かもめパン大宮公園小動物園Vファーレン長崎和歌山[県]鹿児島[県]ヴィヴィくん長崎[県]埼玉[県]富山[県]島根[県]静岡[県]石川[県]沖縄[県]宮城[県]佐賀[県]滋賀[県]鳥取[県]茨城[県]秋田[県]

今日のキーワード

処暑

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の7月中 (7月後半) のことで,太陽の黄経が 150°に達した日 (太陽暦の8月 23日か 24日) に始り,白露 (9月8日か9日) の前日までの約 15日間であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

県鳥の関連情報