コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

防予諸島 ぼうよしょとう

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

防予諸島
ぼうよしょとう

山口県南東部から伊予灘の北部海域に広がる島嶼群。大島 (屋代島) ,長島八島平郡島 (以上山口県) ,中島,興居 (ごご) 島 (以上愛媛県) などから成る。大島は花崗岩から成る沈水島で瀬戸内海第3の島。傾斜地の段々畑でミカンを栽培する。長島にある上関は古い港。平郡島は土地共有制で知られる。中島は古くは伊予水軍の根拠地で,現在は野菜,ミカン栽培のほか酪農が発達。興居島はビワ,モモ,ナシの産地。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

ほうよ‐しょとう〔ハウヨシヨタウ〕【防予諸島】

山口県と愛媛県の間に連なる諸島周防(すおう)大島諸島・熊毛(くまげ)群島・忽那(くつな)諸島などの総称。北に安芸(あき)灘、南に伊予灘を分ける。一部は瀬戸内海国立公園に属する。名は旧国名周防国の「防」と伊予国の「予」をとって付けられた。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

ほうよしょとう【防予諸島】

周防(山口県)と伊予(愛媛県)の間の海域に分布する大島諸島と忽那(くつな)諸島をあわせた呼称。おもな島嶼(とうしよ)は山口県大島郡屋代島(周防大島),愛媛県温泉郡の津和地島,二神島,怒和(ぬわ)島,中島睦月(むづき)島,野忽那(のぐつな)島,松山市興居(ごご)島などで,その属島も含め,瀬戸内海西部の多島海地域をなす。山口県と愛媛県を飛石状につなぐ諸島で,この島列の北側は安芸灘と斎(いつき)灘,南側は伊予灘がひらけ,島嶼間には諸島(もろしま)水道,部屋ノ瀬戸,釣島(つるしま)海峡などがある。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

日本の地名がわかる事典の解説

〔山口県〕防予諸島(ほうよしょとう)


山口県柳井(やない)市と愛媛県松山(まつやま)市の間の瀬戸内海に連なる島嶼(とうしょ)群。山口県の屋代(やしろ)島とその属島群、愛媛県の忽那(くつな)諸島を含む。北側の斎灘(いつきなだ)・安芸(あき)灘と南側の伊予(いよ)灘を分ける。釣島(つるしま)海峡・諸島(もろしま)水道・クダコ水道など島嶼間の海域は瀬戸内海航路の要衝

出典|講談社日本の地名がわかる事典について | 情報 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

防予諸島
ほうよしょとう

山口県大島郡の諸島と愛媛県の忽那(くつな)諸島を含む呼称で、両県を飛び石状に結び、防予島列ともいう。おもな島は、山口県の大島(周防(すおう)大島または屋代(やしろ)島)、情(なさけ)島、愛媛県の津和地(つわじ)島、二神(ふたがみ)島、怒和(ぬわ)島、中(なか)島、睦月(むづき)島、野忽那(のぐつな)島、興居(ごご)島などである。ほとんどが花崗(かこう)岩や安山岩からなる沈水島で、平地は少ないが、耕地率は高く、果樹栽培が盛ん。この島列の北は安芸灘(あきなだ)、斎(いつき)灘、南は伊予(いよ)灘で、島嶼(とうしょ)間の諸島(もろしま)水道、クダコ水道、釣島(つるしま)海峡は主要航路が通じ、付近はイワシ船引網やタコ壺(つぼ)、一本釣りなどの好漁場をなしている。中島の粟井(あわい)は海運業で知られ、大島の小松には大島商船高等専門学校がある。[三浦 肇]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

防予諸島の関連キーワード牛ヶ首海域公園地区沖家室海域公園地区地家室海域公園地区伊崎海域公園地区周防大島町四国地方大島富士村上武吉屋代斎灘

今日のキーワード

主婦休みの日

1、5、9月の25日。年3回。株式会社サンケイリビング新聞社が制定。主婦にはリフレッシュ、ほかの家族には家事を提唱する。年末年始、ゴールデンウィーク、夏休みといった忙しい期間の後に設定されている。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android