安芸灘(読み)あきなだ

デジタル大辞泉の解説

あき‐なだ【安芸灘】

広島県南西部・山口県南東部と愛媛県北西部の間の海域瀬戸内海の一部。東西45キロメートル、南北30キロメートル、平均深度36メートル。東が倉橋島上蒲刈(かみかまがり)島下蒲刈島大崎下島、南東が愛媛県高縄半島で区切られる。本州と四国を結ぶ航路がいくつもあり、船の交通量の多いところ。漁業も盛ん。東部を斎(いつき)灘という。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

あきなだ【安芸灘】

広島県芸予諸島と愛媛県高縄半島にはさまれた海域。東は来島(くるしま)海峡を介して燧(ひうち)灘に,西および南西は倉橋島と防予諸島東半(中島など)を隔てて広島湾および伊予灘に通じる。この灘の南半を斎(いつき)灘ともいう。海底は深度50m前後,ほぼ平たんで,潮流の最大速度は海峡付近で大きい(来島で秒速2.7m,部屋ノ瀬戸で1.7m)が,灘では0.5m未満である。航路として南北に広島~松山,広島~今治,東西に大阪~別府がある。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

日本の地名がわかる事典の解説

〔広島県(山口県・愛媛県)〕安芸灘(あきなだ)


瀬戸内海の西部、広島県南西部・山口県東部と愛媛県中央部の高縄(たかなわ)半島の間の海域。東は来島(くるしま)海峡、南西は防予(ほうよ)諸島で区画される。北西部は広島湾に通じ、南東部は斎(いつき)灘ともよばれる。東側に芸予(げいよ)諸島、南西に防予諸島、広島湾口に倉橋(くらはし)島・能美(のうみ)島などの島々があり、海岸線は複雑。

出典 講談社日本の地名がわかる事典について 情報 | 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

安芸灘
あきなだ

瀬戸内海の一部で、広島県南西部と愛媛県北西部に挟まれた海域。東は来島(くるしま)海峡、北は大崎下(おおさきしも)島、上蒲刈(かまがり)島、下蒲刈島、倉橋島、西は伊予中島、南は愛媛県高縄半島に囲まれている。安芸灘の東部は斎(いつき)灘ともいう。この海域は瀬戸内海を東西に結ぶ主航路が通り、また広島、呉(くれ)と松山を結ぶ芸予(げいよ)航路も走っているので、船の交通が多い海域である。海域がそれほど広くないので、冬季海が荒れることは少ない。[北川建次]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android