コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

安芸灘 あきなだ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

安芸灘
あきなだ

広島湾南東の水域。西は倉橋島により広島湾と分けられ,東は (ひうち) 灘,南は伊予灘に接する。海底勾配瀬戸内海中最大。南東部を斎 (いつき) 灘と呼ぶ。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

あき‐なだ【安芸灘】

広島県南西部・山口県南東部と愛媛県北西部の間の海域瀬戸内海の一部。東西45キロメートル、南北30キロメートル、平均深度36メートル。東が倉橋島上蒲刈(かみかまがり)島下蒲刈島大崎下島、南東が愛媛県高縄半島で区切られる。本州と四国を結ぶ航路がいくつもあり、船の交通量の多いところ。漁業も盛ん。東部を斎(いつき)灘という。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

あきなだ【安芸灘】

広島県芸予諸島と愛媛県高縄半島にはさまれた海域。東は来島(くるしま)海峡を介して燧(ひうち)灘に,西および南西は倉橋島と防予諸島東半(中島など)を隔てて広島湾および伊予灘に通じる。この灘の南半を斎(いつき)灘ともいう。海底は深度50m前後,ほぼ平たんで,潮流の最大速度は海峡付近で大きい(来島で秒速2.7m,部屋ノ瀬戸で1.7m)が,灘では0.5m未満である。航路として南北に広島~松山,広島~今治,東西に大阪~別府がある。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

日本の地名がわかる事典の解説

〔広島県(山口県・愛媛県)〕安芸灘(あきなだ)


瀬戸内海の西部、広島県南西部・山口県東部と愛媛県中央部の高縄(たかなわ)半島の間の海域。東は来島(くるしま)海峡、南西は防予(ほうよ)諸島で区画される。北西部は広島湾に通じ、南東部は斎(いつき)灘ともよばれる。東側に芸予(げいよ)諸島、南西に防予諸島、広島湾口に倉橋(くらはし)島・能美(のうみ)島などの島々があり、海岸線は複雑。

出典|講談社日本の地名がわかる事典について | 情報 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

安芸灘
あきなだ

瀬戸内海の一部で、広島県南西部と愛媛県北西部に挟まれた海域。東は来島(くるしま)海峡、北は大崎下(おおさきしも)島、上蒲刈(かまがり)島、下蒲刈島、倉橋島、西は伊予中島、南は愛媛県高縄半島に囲まれている。安芸灘の東部は斎(いつき)灘ともいう。この海域は瀬戸内海を東西に結ぶ主航路が通り、また広島、呉(くれ)と松山を結ぶ芸予(げいよ)航路も走っているので、船の交通が多い海域である。海域がそれほど広くないので、冬季海が荒れることは少ない。[北川建次]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

安芸灘の関連キーワード芸予諸島・藝予諸島川尻(広島県)豊浜[町]音戸ノ瀬戸上蒲刈島芸予地震音戸瀬戸呉(市)忽那諸島来島海峡下蒲刈乙小島柱島斎灘燧灘錦川蒲刈

今日のキーワード

異常天候早期警戒情報

5日から 8日先を最初の日とする 7日間の平均気温がかなり高い,またはかなり低い確率が 30%以上と見込まれる場合に注意を呼びかけるため気象庁から発表される情報。低温や猛暑が長く続くと,人の活動や農作...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

安芸灘の関連情報