断案(読み)だんあん

精選版 日本国語大辞典「断案」の解説

だん‐あん【断案】

〘名〙
① ある事柄についての考えを決定すること。また、その定された考え。
※西国立志編(1870‐71)〈中村正直訳〉八「この曼氏の案に由て、沙伯の宿志始て達し」
② 三段論法でみちびきだされた結論。〔改訂増補哲学字彙(1884)〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「断案」の解説

だん‐あん【断案】

ある事柄について最終的に決定された考え・方法・態度。
「どうか、こうか―に到着したらしく思ったのは、一時過ぎであった」〈鴎外
結論2
[類語]決定決まり本決まり確定画定議決決議論決評決議定取り決めだんけつ裁決裁定決断判断断定

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

物言う株主

上場企業の経営に自らの考えを表明して積極的に関わる株主。株主総会で独自の議案を提出したり、役員などを送り込んだりして経営改革を迫ることもある。アクティビスト。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android