(読み)シ

精選版 日本国語大辞典の解説

こう かう【斯】

[1] 〘副〙 (副詞「かく」の変化した語)
① あり得る事態を観念的、限定的にとらえて、それを指示する。「と…かう…」のように対にしても用いる。ああ。どうこう。これこれ。かく。
※伊勢物語(10C前)二一「門に出でて、と見かう見みけれど」
※平家(13C前)二「入道にかうとも申も入れず」
② 事態を、話し手が自分の立場から現実的、限定的にとらえて、それを指示する。このように。かく。
※竹取(9C末‐10C初)「かうのみいましつつのたまふことを、思ひ定めて」
③ 事態を、是認し、または納得する気持をこめて指示する。この通り。そう。かく。
※宇津保(970‐999頃)藤原の君「おもしろきことの給ふくそたちかな。ただかうなり。この事は」
※浄瑠璃・鑓の権三重帷子(1717)上「まへ髪もこうでない、かかがなをしてやりましょと」
④ 事態のなりゆきが限界に達したことを認める気持を表わす。もうこれでおしまいだ。これまで。かく。
※能因本枕(10C終)二五六「乗りはてて出て『かうか』と言ふに、『まだここに』といらふれば」
⑤ 自分の立場で動作を軽く指示する。このように。
(イ) 話し手自身のことにいう。
※虎明本狂言・餠酒(室町末‐近世初)「かうまいったらば、つれのない事はあるまいほどに」
(ロ) 他人の動作をうながすときにいう。こうこう。
※虎明本狂言・萩大名(室町末‐近世初)「さらはおもてへおともめされひ、かうとをらせられひ」
[2] 〘感動〙
① 相手に呼びかけて注意をうながす語。ぞんざいな言い方。ちょいと。おい。
洒落本・娼妓絹籭(1791)二「コウそこの紙につつんだ物はなんだ」
② これから言うべき適当な表現を考えまよい、ためらいながら言い出そうとするときにはさむ語。ええと。こうっと。
※浮雲(1887‐89)〈二葉亭四迷〉九「何か云って遣り度い、何かカウ品の好い悪口雑言」

こうつ かうつ【斯】

〘感動〙 考えまようときに発する語。ええと。こうつと。
※洒落本・月花余情(1746)燕喜篇「まちなんせやといふて〈略〉こうつ、マア五日と、九日と、十三日と、十七日と、廿三日とが、わたしが勝手ぢゃわいな」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

別腹

1 これ以上は食べられない満腹状態でも甘い菓子なら食べられることを、別の腹に入るといった語。「甘いものは別腹」2 「べっぷく(別腹)」に同じ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

斯の関連情報