コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

新井石禅 あらい せきぜん

4件 の用語解説(新井石禅の意味・用語解説を検索)

美術人名辞典の解説

新井石禅

曹洞宗の僧。福島県生。12才で出家し、曹洞宗本校で学び、曹洞宗大学林学監兼教授となる。名古屋の護国院、小田原最乗寺の住職を経て、曹洞宗本山鶴見の総持寺貫主となった。昭和2年(1927)寂、63才。

出典|(株)思文閣
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

新井石禅 あらい-せきぜん

1865*-1927 明治-大正時代の僧。
元治(げんじ)元年12月19日生まれ。神奈川の最乗寺住職などをへて明治22年母校曹洞宗(そうとうしゅう)大学林(現駒沢大)学監兼教授,大正9年総持寺貫主。中国,アメリカなどで布教につくした。昭和2年12月7日死去。64歳。陸奥(むつ)梁川(やながわ)(福島県)出身。俗名は石井仙太郎。号は穆英(ぼくえい)。著作に「曹洞宗大綱」「解脱(げだつ)と人生」など。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

新井石禅

没年:昭和2.12.7(1927)
生年:元治1.12.19(1865.1.16)
明治大正時代の曹洞宗の僧。号は穆英。陸奥国伊達郡梁川村(福島県梁川町)の石井仙助の3男。俗名仙太郎。新潟雲洞庵,神奈川最乗寺などの住職を歴任,曹洞宗大学林(駒沢大学)学監兼教授,宗務院教学部長なども務めた。大正9(1920)年,大本山総持寺貫首(独住第5世),曹洞宗第11代管長となる。幼くして神童と呼ばれ,曹洞宗専門本校(駒沢大学)をわずか3年で卒業し,学校開始以来未曾有の天才と称された。国内はもとより海外にまで布教し,また著書も多く,仏教の啓蒙に大きく貢献した。<著作>『新井石禅全集』<参考文献>横関了胤編『曹洞宗百年のあゆみ』

(熊本英人)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

新井石禅
あらいせきぜん
(1864―1927)

明治・大正期の曹洞(そうとう)宗の僧。俗姓は石井仙太郎。穆英(ぼくえい)と号した。福島県伊達(だて)郡梁川(やながわ)村(現、伊達市)に生まれ、興国寺住職の新井如禅(にょぜん)の弟子となる。曹洞宗専門本校に学び、畔上楳仙(あぜがみばいせん)、森田悟由(ごゆう)らに参禅した。雲洞庵、最乗寺などに歴住し、曹洞宗大学林学監、大本山総持寺独住5世、曹洞宗第11代管長となる。国内、海外の巡教は数百か所に及び、その徳化は一世を風靡(ふうび)して、生き仏と仰がれた。[東 隆眞]
『『新井石禅全集』全12巻(1929~1931・新井石禅全集刊行会)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

新井石禅の関連キーワード日置黙仙石川素堂釈鼇仙玉山全英凸巌養益越溪休覚洞山良价曹洞丘宗潭山腰天鏡

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone