コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

新井石禅 あらい せきぜん

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

新井石禅 あらい-せきぜん

1865*-1927 明治-大正時代の僧。
元治(げんじ)元年12月19日生まれ。神奈川の最乗寺住職などをへて明治22年母校曹洞宗(そうとうしゅう)大学林(現駒沢大)学監兼教授,大正9年総持寺貫主。中国,アメリカなどで布教につくした。昭和2年12月7日死去。64歳。陸奥(むつ)梁川(やながわ)(福島県)出身。俗名は石井仙太郎。号は穆英(ぼくえい)。著作に「曹洞宗大綱」「解脱(げだつ)と人生」など。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

新井石禅

没年:昭和2.12.7(1927)
生年:元治1.12.19(1865.1.16)
明治大正時代の曹洞宗の僧。号は穆英。陸奥国伊達郡梁川村(福島県梁川町)の石井仙助の3男。俗名仙太郎。新潟雲洞庵,神奈川最乗寺などの住職を歴任,曹洞宗大学林(駒沢大学)学監兼教授,宗務院教学部長なども務めた。大正9(1920)年,大本山総持寺貫首(独住第5世),曹洞宗第11代管長となる。幼くして神童と呼ばれ,曹洞宗専門本校(駒沢大学)をわずか3年で卒業し,学校開始以来未曾有の天才と称された。国内はもとより海外にまで布教し,また著書も多く,仏教の啓蒙に大きく貢献した。<著作>『新井石禅全集』<参考文献>横関了胤編『曹洞宗百年のあゆみ』

(熊本英人)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

新井石禅
あらいせきぜん
(1864―1927)

明治・大正期の曹洞(そうとう)宗の僧。俗姓は石井仙太郎。穆英(ぼくえい)と号した。福島県伊達(だて)郡梁川(やながわ)村(現、伊達市)に生まれ、興国寺住職の新井如禅(にょぜん)の弟子となる。曹洞宗専門本校に学び、畔上楳仙(あぜがみばいせん)、森田悟由(ごゆう)らに参禅した。雲洞庵、最乗寺などに歴住し、曹洞宗大学林学監、大本山総持寺独住5世、曹洞宗第11代管長となる。国内、海外の巡教は数百か所に及び、その徳化は一世を風靡(ふうび)して、生き仏と仰がれた。[東 隆眞]
『『新井石禅全集』全12巻(1929~1931・新井石禅全集刊行会)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

今日のキーワード

闇ポテチ

2017年に起こったジャガイモ不足を発端に、非正規のルートで流通したポテトチップスのこと。16年の台風被害などで原料となる北海道産ジャガイモの収穫量が減少したことを受け、17年3月に株式会社湖池屋が、...

続きを読む

コトバンク for iPhone