コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

幌尻岳 ほろしりだけ

6件 の用語解説(幌尻岳の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

幌尻岳
ほろしりだけ

北海道日高山脈の北部にある山。標高 2052m。日高山脈の主峰で,火山を除く北海道最高峰にあたる。平取町と新冠町の境に位置し,標高 1500~1800mの高原状の山地の上に突出する残丘状の山。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

ぽろしり‐だけ【幌尻岳】

《「ほろしりだけ」とも》北海道中南部、日高山脈にある山。標高2053メートルで、日高山脈の最高峰。堆積岩変成岩などからなる。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

幌尻岳【ぽろしりだけ】

北海道南部,日高山脈にある山。標高2052m。山名は,アイヌ語で大きな山を意味するポロシリからきている。上部には第四期の氷期に形成されたカール(七つ沼カール)があり,その特徴的な地形から日本の地質百選に選ばれている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

ぽろしりだけ【幌尻岳】

北海道南部,日高山脈にある山。標高2052m。日高山脈の最高峰であり,火山を除けば北海道の最高峰でもある。山名はアイヌ語の〈ポロ・シリ(大きな山)〉に由来し,どっしりとした山容をもつ。新冠(にいかつぷ)川,額平(ぬかびら)川の水源をなし,それぞれの川の源流部には更新世の氷期につくられた典型的なカール地形が発達している。とくに新冠川源流の七ッ沼カールは平たんで広いカール底に,モレーンや羊群岩で囲まれたいくつもの池をもち,登山者に親しまれている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本の地名がわかる事典の解説

〔北海道〕幌尻岳(ほろしりだけ)


北海道南部、日高(ひだか)山脈中央部に位置する主峰。標高2052m。深田久弥(ふかだきゅう)「日本百名山」の一つ。山頂の北側と東側にカール(圏谷(けんこく))があり、氷食による池やモレーン(堆石(たいせき))がみられる。日高山脈襟裳(えりも)国定公園の一部をなす。山脈主稜(しゅりょう)東側の十勝(とかち)幌尻岳に対し日高幌尻岳とも。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

幌尻岳
ぽろしりだけ

北海道中南部、日高(ひだか)山脈中央部の日高側にある山。標高2052メートルで山脈の最高峰。混成岩、片麻岩などの変成岩からなり、頂上周辺の東側と北側にカール(圏谷)群が氷食地形をみせ、底部に沼や堆石(たいせき)堤があってポロシリ氷期の存在を裏づける。研究者や専門家による登山は行われるが、一般人の登山は困難である。[柏村一郎]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

幌尻岳の関連キーワードアポイ岳神威岳沙流川セントラル山脈日勝峠日高山脈日高山脈襟裳国定公園日高[町]北海道沙流郡日高町本町東三石〈町〉

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

幌尻岳の関連情報