コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

新納忠之介 にいろちゅうのすけ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

新納忠之介
にいろちゅうのすけ

[生]明治1(1868).11.25. 鹿児島
[没]1954.4.13. 奈良
彫刻家。 1889年橋本雅邦に絵を学び,のち東京美術学校に入学して彫刻に転じた。 94年卒業後すぐ母校に勤め翌年同校助教授となったが,98年に辞職して日本美術院彫刻部会員となった。まもなく奈良に移り奈良美術院を主宰,仏像の模造を行うとともに古社寺保存委員会,国宝保存委員会の委員として古美術保存に努力,国宝仏像の修理のほとんどを指揮した。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

新納忠之介 にいろ-ちゅうのすけ

1869*-1954 明治-昭和時代の彫刻家。
明治元年11月25日生まれ。東京美術学校(現東京芸大)卒業後,明治28年同校助教授。大正2年から再興日本美術院彫刻科を主宰。法隆寺の百済観音像,東大寺の不空羂索観音像,三十三間堂の千躰千手観音像など二千体以上の神仏像の修復にたずさわり,現状維持を基本とする今日に引き継がれる修理法の基礎を築いた。古社寺保存会委員,国宝保存会委員などをつとめた。昭和29年4月13日死去。85歳。薩摩(さつま)(鹿児島県)出身。号は古拙。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

新納忠之介の関連キーワード鹿児島市立美術館昭和時代彫刻家

今日のキーワード

やおら

[副]1 ゆっくりと動作を起こすさま。おもむろに。「やおら立ち上がる」2 静かに。そっと。「姫君、御硯(すずり)を―引き寄せて」〈源・橋姫〉[補説]文化庁が発表した平成18年度「国語に関する世論調査」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

新納忠之介の関連情報