コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

新納忠之介 にいろちゅうのすけ

2件 の用語解説(新納忠之介の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

新納忠之介
にいろちゅうのすけ

[生]明治1(1868).11.25. 鹿児島
[没]1954.4.13. 奈良
彫刻家。 1889年橋本雅邦に絵を学び,のち東京美術学校に入学して彫刻に転じた。 94年卒業後すぐ母校に勤め翌年同校助教授となったが,98年に辞職して日本美術院彫刻部会員となった。まもなく奈良に移り奈良美術院を主宰,仏像の模造を行うとともに古社寺保存委員会,国宝保存委員会の委員として古美術保存に努力,国宝仏像の修理のほとんどを指揮した。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

新納忠之介 にいろ-ちゅうのすけ

1869*-1954 明治-昭和時代の彫刻家。
明治元年11月25日生まれ。東京美術学校(現東京芸大)卒業後,明治28年同校助教授。大正2年から再興日本美術院彫刻科を主宰。法隆寺百済観音像,東大寺不空羂索観音像,三十三間堂の千躰千手観音像など二千体以上の神仏像の修復にたずさわり,現状維持を基本とする今日に引き継がれる修理法の基礎を築いた。古社寺保存会委員,国宝保存会委員などをつとめた。昭和29年4月13日死去。85歳。薩摩(さつま)(鹿児島県)出身。号は古拙。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

新納忠之介の関連キーワード戊辰戦争早竹虎吉(初代)明治東京(都)天野八郎鮎沢伊太夫井上石見ウィリス上杉斉憲沖田総司

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone

新納忠之介の関連情報