新手(読み)しんて

精選版 日本国語大辞典「新手」の解説

しん‐て【新手】

〘名〙 (形動) しい手段や方法。新しい趣向。また、それを用いるさま。あらて。
※洒落本・文選臥坐(1790)東北の雲談「『花あふぎさんはどふもかはいらしいねへ、あどけねへからいいねへ』『でへぶ新手(シンテ)を出すそふサ』」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「新手」の解説

あら‐て【新手】

戦いや試合などにまだ参加していない元気な軍勢、また、選手。「新手を繰り出す」
新しくその仲間に入った人。新顔。「新手の業者」⇔古手
今までと違う新しい方法や手段。「新手の犯罪」「新手を編み出す」⇔古手
[類語](1後詰め/(2新人新顔新入りフレッシュマンニューフェース新参新米帰り新参駆け出しルーキー3新しいあら新規さら新調新型新式新来

しん‐て【新手】

新しいやり方。新しい趣向。あらて。「新手広告

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

巡視船

海上保安庁に所属し海上の警備と救難業務を行なう船。外洋で行動する大型で航洋性があるものを巡視船といい,港内や湾内などのかぎられた水域で行動する 100総t程度以下の小型のものを巡視艇と呼ぶ。武器として...

巡視船の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android