コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

日本基督教団 にほんきりすときょうだん United Church of Christ in Japan

6件 の用語解説(日本基督教団の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

日本基督教団
にほんきりすときょうだん
United Church of Christ in Japan

日本の代表的プロテスタント合同教会。全国各地に教会,伝道所をもち,最も多くの信徒を擁する。 1941年,宗教団体法による圧力が主因となって約 30のプロテスタント系教会が合同で成立させた教団。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

にほん‐キリストきょうだん〔‐ケウダン〕【日本基督教団】

昭和16年(1941)当時日本にあったプロテスタント諸教派三十余派の合同教会として成立した日本最大のプロテスタント教会。同29年、教団独自の信仰告白を制定。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

日本基督教団【にほんキリストきょうだん】

日本における最大のプロテスタント合同教会。英語名はUnited Church of Christ in Japan。1939年宗教団体法制定後,1941年日本のほとんどすべてのプロテスタント諸派が時の政府の要請のもとに合同して成立。
→関連項目改革派教会メソディスト

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

にほんキリストきょうだん【日本基督教団】

日本における最大のプロテスタント教派。英語表記はUnited Church of Christ in Japan。1941年当時あったプロテスタント教派30余が合同して成立した。戦時中の思想統制をもくろんだ宗教団体法(1939)のもとに政府の強い要請でできた合同教会であったが,戦後宗教団体法が廃止され,聖公会,ルーテル教会バプテスト連盟,日本基督教会,救世軍などが離脱したにもかかわらず大半は教団にとどまった。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

にほんキリストきょうだん【日本基督教団】

日本における最大のプロテスタント教派。1939年(昭和14)の宗教団体法の結果、41年にプロテスタント三十余教派の合同によって成立。敗戦後、聖公会・バプテスト教会などが離脱したが、多くは教団にとどまった。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

日本基督教団
にほんきりすときょうだん
United Church of Christ in Japan

日本最大のプロテスタント合同教会。事務局は東京都新宿区西早稲田(にしわせだ)。1941年(昭和16)、第二次世界大戦中、宗教団体の統制を目ざした政府の要請により、当時のプロテスタントのほとんどの教派および聖公会の一部、救世軍などが参加して成立したが、太平洋戦争後の宗教団体法の廃棄にしたがっていくつかの旧教派の教会が離脱し、今日に至っている。総会議長は2010年(平成22)より石橋秀雄(いしばしひでお)。教会数1724、信徒数18万2418名、牧師数2132名(『日本基督教団年鑑』2012)。全国に独立性をもつ17の教区を置き、2年に一度の総会を400名の正議員で開催する。使徒信条を含む信仰告白を制定し(1954)、会議制によって運営される。「明治初年の宣教開始以来、わが国のキリスト者の多くは、かねがね諸教派を解消して日本における一つの福音(ふくいん)的教会を樹立したく願ってはおりました……政府の要請を契機に……」とは「第二次大戦下における日本基督教団の責任についての告白」のなかの文章(1967)で、起草者は当時の議長鈴木正久(1912―1969)である。戦時下に教団の名において犯した罪の自覚を促すこの告白は、国内外における宗教、思想、文化、教育にかかわる団体として最初のものであり、他の団体に大きな影響を与えた。1970年(昭和45)の大阪万国博覧会にキリスト教館を出展することに関して、教団内に宣教理解をめぐって離脱する教会が出たり、1990年(平成2)まで19年間東京教区総会が開けないなどの状況が続いたが、韓国や台湾の教会などと宣教協約を結ぶなど、さまざまな課題(天皇制、社会悪、差別、平和、アジアへの責任)に対して、経済力と組織と人材の限度を超えて対応する使命感と実践は、海外で高く評価されている。安心立命と祖先崇拝と現世利益(りやく)を説く日本の伝統的宗教とは性格を異にし、また大衆伝道という方法を採用しないため、選挙などに関して信徒を動員するようなことはない。教育事業に熱心な信徒が多いのが特徴である。従来から強く保持されてきた禁酒・禁煙の伝統は、近年、リゴリズム(厳格主義)として軽視される傾向がある。1997年に出版局が『讃美歌21』を出版するなど、日本のプロテスタント・キリスト教会の指導的教会となっている。[川又志朗・原 誠]
『大内三郎・土肥昭夫ほか編著『日本基督教団史資料集1~3巻』(1997~1998・日本基督教団出版局)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の日本基督教団の言及

【キリスト教】より

… 昭和期に入ると宗教団体法が布かれてこのような運動はすべて抑えられ,1941年には教会合同が命ぜられ,それに従わない団体は教会活動が不可能になったほか,ホーリネス教会のようにはげしい弾圧を受けたものがある。合同によって成立した日本基督教団は,第2次大戦後に離脱した教派が多かったとはいえ,こんにちの日本の教会の主流をなしているといえる。もちろん戦後は,カトリックをはじめとして他の教会・教派が多数入ってきたので,信徒数の上では以下のように多様性が見られる。…

※「日本基督教団」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本基督教団の関連キーワードプロテスタント新教プロテスタンティズムプロテスタント教会ユニバーサリストプロテストキリスト教系教会プロテスタント主義プロテスタント神学プロテスタント婦人奉仕団病院

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

日本基督教団の関連情報