日本標準時

デジタル大辞泉の解説

にほん‐ひょうじゅんじ〔‐ヘウジユンジ〕【日本標準時】

協定世界時(UTC)に9時間を加えた時刻。「+0900(JST)」と表す。情報通信研究機構(NICT)が原子時計によって作成し、標準電波や電話回線、インターネットのNTPサーバーを利用して全国に配信している。日本時間中央標準時。JST(Japan standard time)。→標準時
[補説]かつては兵庫県明石市などを通過する東経135度の子午線上での平均太陽時として、天体観測に基づいて計測されていた。現在は、情報通信研究機構が複数のセシウム原子時計水素メーザー原子時計によって得られる時刻を平均・合成して協定世界時を生成し、これを9時間進めたものを日本標準時として決定している。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

にほんひょうじゅんじ【日本標準時 Japan standard time】

中央標準時に同じ。最近では日本標準時の名称のほうが広く慣用されている。いずれにしてもその本来の意味は,東経135゜の子午線に関する平均太陽時,つまり世界時をちょうど9時間進めた時刻である。1972年に新しい協定世界時が発足して以来,日本の標準時もこれを基にしている。協定世界時を,東経135゜の子午線に対応して,ちょうど9時間進めた時刻が日本標準時として現用されている。協定世界時はセシウム原子時計による一定の秒を刻み,その時刻を閏(うるう)秒の挿入によって世界時UT1に±0.9秒以内に追い込むよう人工管理された時刻システムであり,その世界時に対する時刻差は実生活上ほとんど問題とならない。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

にほんひょうじゅんじ【日本標準時】

兵庫県明石市を通る東経135度の子午線における地方平均太陽時で、日本全土でこれを用いている。世界時より9時間早い。中央標準時。日本時間。 JST 。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

日本標準時
にほんひょうじゅんじ

兵庫県明石市を通る東経 135°の子午線を基準とした地方時で,日本ではこれを標準時として採用している。これは世界標準時より9時間進んでいる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典内の日本標準時の言及

【子午線】より

…例えば旧グリニジ天文台を通る経線を本初子午線と呼び,東経,西経の境界とすると同時に,世界時の基準としている。日本では東経135゜の経線を〈日本中央子午線〉と呼び,日本標準時の基準とする。ただし実際にはどちらもその場所で観測するのではなく,世界各地の天文台での観測結果の平均から旧グリニジのあたりに〈平均天文台〉を想定して世界時を決め,それに9時間を加えたものを日本標準時としている。…

【中央標準時】より

日本標準時と同じものであるが,これの正式な法的名称に当たる。略してJCSTとも記す。…

※「日本標準時」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

大阪桐蔭高等学校

大阪府大東市にある男女共学の私立高校。1983年、大阪産業大学高等学校(現・大阪産業大学附属高等学校)の分校として設置され、1988年に現名称で独立した。神奈川県横浜市にある桐蔭学園高等学校とは無関係...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

日本標準時の関連情報