コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

高橋亀吉 たかはしかめきち

4件 の用語解説(高橋亀吉の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

高橋亀吉
たかはしかめきち

[生]1894.9.23. 徳山
[没]1977.2.10. 東京
経済評論家。 1916年早稲田大学商科卒業後,久原鉱業入社,18年東洋経済新報社に移り,24年編集長となる。 26年退社し,経済評論に従事。 33年高橋経済研究所を創立。大蔵省,商工省,企画院などの各種委員を歴任。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

高橋亀吉 たかはし-かめきち

1891-1977 大正-昭和時代の経済評論家。
明治24年1月27日生まれ。東洋経済新報社に入社,編集長となる。大正15年経済評論家として独立。昭和5年石橋湛山(たんざん)らと旧平価による金解禁に反対した。7年高橋経済研究所を設立。戦後公職追放となったが,解除後活発な評論活動を展開した。49年文化功労者。昭和52年2月10日死去。86歳。山口県出身。早大卒。著作に「大正昭和財界変動史」「日本近代経済発達史」など。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

大辞林 第三版の解説

たかはしかめきち【高橋亀吉】

1891~1977) 経済評論家。山口県生まれ。東洋経済新報編集長を務めたのち、市井のエコノミストとして多彩な評論活動を行なった。著「大正昭和財界変動史」「日本近代経済発達史」など。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

高橋亀吉
たかはしかめきち
(1891―1977)

大正・昭和期の代表的経済評論家。明治24年1月23日、山口県徳山村(現周南(しゅうなん)市)の造船業高橋源蔵の長男に生まれる。袋物問屋、在朝鮮貿易商で働きつつ苦学、1916年(大正5)早稲田(わせだ)大学商科を卒業、久原(くはら)鉱業に入社。1918年東洋経済新報社に移り、1924年編集長となったが、日本経済史研究を志して1926年(昭和1)退社、経済評論家として独立した。この間、1923年末には政治研究会創立に参画、同調査部長となったが、1925年末左派と対立して脱退した。1928年第1回普選に日本農民党党首として立候補、落選して社会運動から退いた。1929年石橋湛山(たんざん)らと新平価金解禁論を展開、再禁止後は積極的なリフレーション政策を提唱した。1932年高橋経済研究所を設立し、1933年の太平洋調査会第5回大会ではソーシャル・ダンピング非難に反論した。36年以降、内閣調査局専門委員、近衛(このえ)内閣企画院参与、国策研究会常任理事などを歴任、戦後1948年(昭和23)公職追放となったが、1951年追放解除後は多彩な評論活動を展開した。1956年から拓殖大学教授ともなったが、彼の真面目(しんめんもく)は「街の経済学者」たることにあり、経済の動向を鋭敏な現実感覚でとらえた。ソーシャル・ダンピング論、プチ帝国主義論、財界変動史などは、そうした感覚に基づいて分析されたユニークな日本資本主義論であった。晩年まで経済評論の第一線で活躍を続けた。昭和52年2月10日没。[長 幸男]
『高橋亀吉著『金輸出再禁止論』(1930・先進社) ▽高橋亀吉著『日本金融論』(1931・東洋経済新報社) ▽高橋亀吉著『大正昭和財界変動史』全3巻(1954・東洋経済新報社) ▽高橋亀吉著『戦後日本経済躍進の根本要因』(1975・日本経済新聞社)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

高橋亀吉の関連キーワード大塚金之助大熊信行遊部久蔵黒川芳蔵小泉明末永茂喜馬場正雄舞出長五郎松嶋喜作丸谷喜市

今日のキーワード

日本政策投資銀行

1999年に日本開発銀行と北海道東北開発公庫を統合し、発足した政府系総合政策金融機関。一般の金融機関が行なう金融などを補完・奨励し、長期資金の供給などを行ない、日本の経済社会政策に金融上で寄与していく...

続きを読む

コトバンク for iPhone