コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

日照計 ニッショウケイ

3件 の用語解説(日照計の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

にっしょう‐けい〔ニツセウ‐〕【日照計】

日照時間を記録する計器。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

にっしょうけい【日照計 sunshine recorder】

日照時間を記録する計器。古くから用いられているカンベル日照計は,ガラス球によって太陽光の焦点をつくり出し,これによって記録紙に焦げ跡ができるようにし,その長さから日照時間を測る測器である。ジョルダン式日照計は密封した円筒の中に感光紙をセットしておき,円筒につくられた2個の小さな穴から入射する太陽光によって描かれた光跡から日照時間を求めるものである。最近,日照時間の定義が定められたこともあって,電子技術の進んだ現代にふさわしい日照計として回転式日照計が採用されつつある。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

日照計
にっしょうけい

太陽が照った時間を測定する測器。日照ということばは、太陽面が周囲の空よりも明るい場合を意味するから、影の有無で決める。昔からいろいろな日照計が用いられているが、使用する測器によって観測値にかなりの違いが出ることがある。太陽光を球形ガラスで集光し、紙面にできた焦げ跡から日照時間を求めるのはカンベルストークス日照計。青写真感光紙上にピンホールからの日光による像を記録するのはジョルダン日照計である。いずれも、長期間にわたる安定な観測データを得るには適しているが、遠隔測定ができないなどの不便さがある。そこで、光電池を使ったり、バイメタルの日射昇温を利用する測器がつくられた。太陽電池に入射する日射の強さが1平方メートル当り0.2キロワットを超える場合を日照時間としてカウントする太陽電池日照計は、これまでの日照計とだいたい一致する値を示す。[篠原武次]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日照計の関連キーワード可照時間青竜刀タコグラフ水時計強震計計器日照時間日照率歩数計電気計器

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone