コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

日照計 ニッショウケイ

デジタル大辞泉の解説

にっしょう‐けい〔ニツセウ‐〕【日照計】

日照時間を記録する計器

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

にっしょうけい【日照計 sunshine recorder】

日照時間を記録する計器。古くから用いられているカンベル日照計は,ガラス球によって太陽光の焦点をつくり出し,これによって記録紙に焦げ跡ができるようにし,その長さから日照時間を測る測器である。ジョルダン式日照計は密封した円筒の中に感光紙をセットしておき,円筒につくられた2個の小さな穴から入射する太陽光によって描かれた光跡から日照時間を求めるものである。最近,日照時間の定義が定められたこともあって,電子技術の進んだ現代にふさわしい日照計として回転式日照計が採用されつつある。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

日照計
にっしょうけい

太陽が照った時間を測定する測器。日照ということばは、太陽面が周囲の空よりも明るい場合を意味するから、影の有無で決める。昔からいろいろな日照計が用いられているが、使用する測器によって観測値にかなりの違いが出ることがある。太陽光を球形ガラスで集光し、紙面にできた焦げ跡から日照時間を求めるのはカンベル‐ストークス日照計。青写真感光紙上にピンホールからの日光による像を記録するのはジョルダン日照計である。いずれも、長期間にわたる安定な観測データを得るには適しているが、遠隔測定ができないなどの不便さがある。そこで、光電池を使ったり、バイメタルの日射昇温を利用する測器がつくられた。太陽電池に入射する日射の強さが1平方メートル当り0.2キロワットを超える場合を日照時間としてカウントする太陽電池日照計は、これまでの日照計とだいたい一致する値を示す。[篠原武次]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

日照計の関連キーワードC. アボット露場

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

日照計の関連情報