コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

日独伊防共協定 にちどくいぼうきょうきょうてい

2件 の用語解説(日独伊防共協定の意味・用語解説を検索)

大辞林 第三版の解説

にちどくいぼうきょうきょうてい【日独伊防共協定】

1937年(昭和12)共産主義に対する防衛を目的とし、ローマで調印された日本・ドイツ・イタリア三国の協定。前年の日独防共協定にイタリアが参加したもの。のち三国同盟に発展。

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

百科事典マイペディアの解説

日独伊防共協定【にちどくいぼうきょうきょうてい】

1937年11月,日本,ドイツイタリア3国がローマで調印した協定。その前身は1936年11月の日独防共協定で,対コミンテルンの対抗措置を定め,秘密付属協定でソ連を仮想敵国とした。
→関連項目日独伊三国同盟日本平沼騏一郎内閣広田弘毅内閣

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

日独伊防共協定の関連キーワード中国映画日活(株)華北分離工作朝鮮映画東宝(株)広田弘毅内閣文化勲章中井正一チェンバレン若い人

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone