コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

日独伊防共協定 にちどくいぼうきょうきょうてい

2件 の用語解説(日独伊防共協定の意味・用語解説を検索)

大辞林 第三版の解説

にちどくいぼうきょうきょうてい【日独伊防共協定】

1937年(昭和12)共産主義に対する防衛を目的とし、ローマで調印された日本・ドイツ・イタリア三国の協定。前年の日独防共協定にイタリアが参加したもの。のち三国同盟に発展。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

日独伊防共協定【にちどくいぼうきょうきょうてい】

1937年11月,日本,ドイツイタリア3国がローマで調印した協定。その前身は1936年11月の日独防共協定で,対コミンテルンの対抗措置を定め,秘密付属協定でソ連を仮想敵国とした。
→関連項目日独伊三国同盟日本平沼騏一郎内閣広田弘毅内閣

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

日独伊防共協定の関連キーワード西ドイツ東ドイツイタリアンドイツ鯉統一ドイツイタリア協奏曲イタリア料理の日イタリアワインの日ドイツパンの日三潴信三

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone