日独伊防共協定(読み)にちどくいぼうきょうきょうてい

大辞林 第三版の解説

にちどくいぼうきょうきょうてい【日独伊防共協定】

1937年(昭和12)共産主義に対する防衛を目的とし、ローマで調印された日本・ドイツ・イタリア三国の協定。前年の日独防共協定にイタリアが参加したもの。のち三国同盟に発展。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

百科事典マイペディアの解説

日独伊防共協定【にちどくいぼうきょうきょうてい】

1937年11月,日本,ドイツ,イタリア3国がローマで調印した協定。その前身は1936年11月の日独防共協定で,対コミンテルンの対抗措置を定め,秘密付属協定でソ連を仮想敵国とした。1940年の日独伊三国同盟へ発展。
→関連項目日独伊三国同盟日本平沼騏一郎内閣広田弘毅内閣

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ワンオペ育児

配偶者の単身赴任など、何らかの理由で1人で仕事、家事、育児の全てをこなさなければならない状態を指す言葉である。母親1人を指す場合がほとんどで、「ワンオペ育児ママ」という派生語もある。「ワンオペ」とは「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android