コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

日野啓三 ひのけいぞう

5件 の用語解説(日野啓三の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

日野啓三
ひのけいぞう

[生]1929.6.14. 東京,渋谷
[没]2002.10.14. 東京,世田谷
作家。銀行勤めの父に伴われ 5歳で朝鮮に渡り,1945年敗戦により日本へ引き揚げる。旧制第一高等学校文科甲類に入学,一学年下の大岡信,佐野洋らと同人誌を初めてつくり,東京大学文学部社会学科在学中も彼らと雑誌『現代文学』(5号まで)を刊行,新進評論家として注目された。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

ひの‐けいぞう〔‐ケイザウ〕【日野啓三】

[1929~2002]小説家・評論家。読売新聞の記者を経て文筆活動に入る。韓国人女性との結婚をめぐる経緯を描いた「あの夕陽」で芥川賞受賞。他に「抱擁」「砂丘が動くように」「台風の眼」「光」など。芸術院会員。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

日野啓三 ひの-けいぞう

1929-2002 昭和後期-平成時代の評論家,小説家。
昭和4年6月14日生まれ。東大在学中から文芸評論をかく。読売新聞社に入社,ソウル,サイゴン特派員などをつとめる。昭和50年体験的色合いのこい「あの夕陽」で芥川賞。57年「抱擁」で泉鏡花文学賞,平成5年「台風の眼」で野間文芸賞,8年「光」で読売文学賞。12年芸術院賞。同年芸術院会員。平成14年10月14日死去。73歳。東京出身。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

ひのけいぞう【日野啓三】

1929~2002) 小説家。東京生まれ。東大卒。読売新聞入社、評論集「虚点の思想」で虚構的時代を問い、「あの夕陽」で芥川賞受賞。幻想と現実の交錯する内的な風景を描く。作品「夢の島」「砂丘が動くように」「台風の眼」など。

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

日野啓三
ひのけいぞう
(1929―2002)

評論家、作家。東京に生まれる。1952年(昭和27)東京大学文学部社会学科卒業。同年読売新聞社外報部に勤務。ソウル、サイゴンに在勤。その体験を『ベトナム報道』(1966)として刊行する。早くから評論家として知られ、のちに小説も書く。『還(かえ)れぬ旅』(1971)、『此岸(しがん)の家』(1974。平林たい子賞)などを刊行。74年韓国人女性との結婚をめぐる経緯を描いた『あの夕陽』で芥川(あくたがわ)賞受賞。ほかに評論集『存在の芸術』(1967)、小説『天窓のあるガレージ』(1982)、『抱擁』(1982。泉鏡花賞)、『夢を走る』(1984)、『夢の島』(1985。芸術選奨)、『砂丘が動くように』(1986。谷崎潤一郎賞)、『どこでもないどこか』(1990)、『断崖(だんがい)の年』(1992。伊藤整文学賞)、『台風の眼』(1993。野間文芸賞)、『光』(1995。読売文学賞)、『天池(てんち)』(1999)、『梯(きざはし)の立つ都市(まち) 冥府(めいふ)と永遠の花』(2001)、『落葉 神の小さな庭で』(2002)などがある。[金子昌夫]
『『光』(1995・文芸春秋) ▽『日野啓三短篇選集』上下(1996・読売新聞社) ▽『日野啓三自選エッセイ集――魂の光景』(1998・集英社) ▽『天池』(1999・講談社) ▽『梯(きざはし)の立つ都市(まち) 冥府と永遠の花』(2001・集英社) ▽『落葉 神の小さな庭で』(2002・集英社) ▽『此岸の家』(河出文庫) ▽『抱擁』『あの夕陽』(集英社文庫) ▽『砂丘が動くように』『夢の島』(講談社文芸文庫) ▽『断崖の年』(中公文庫) ▽『台風の眼』(新潮文庫)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

日野啓三の関連キーワード戦争文学大恐慌世界大恐慌大恐慌アナール学派田中義一内閣東欧演劇ウィーン幻想派クウィッデフーバー

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

日野啓三の関連情報