コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

日野啓三 ひのけいぞう

5件 の用語解説(日野啓三の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

日野啓三
ひのけいぞう

[生]1929.6.14. 東京,渋谷
[没]2002.10.14. 東京,世田谷
作家。銀行勤めの父に伴われ 5歳で朝鮮に渡り,1945年敗戦により日本へ引き揚げる。旧制第一高等学校文科甲類に入学,一学年下の大岡信,佐野洋らと同人誌を初めてつくり,東京大学文学部社会学科在学中も彼らと雑誌『現代文学』(5号まで)を刊行,新進評論家として注目された。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

ひの‐けいぞう〔‐ケイザウ〕【日野啓三】

[1929~2002]小説家・評論家。読売新聞の記者を経て文筆活動に入る。韓国人女性との結婚をめぐる経緯を描いた「あの夕陽」で芥川賞受賞。他に「抱擁」「砂丘が動くように」「台風の眼」「光」など。芸術院会員。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

日野啓三 ひの-けいぞう

1929-2002 昭和後期-平成時代の評論家,小説家。
昭和4年6月14日生まれ。東大在学中から文芸評論をかく。読売新聞社に入社,ソウル,サイゴン特派員などをつとめる。昭和50年体験的色合いのこい「あの夕陽」で芥川賞。57年「抱擁」で泉鏡花文学賞,平成5年「台風の眼」で野間文芸賞,8年「光」で読売文学賞。12年芸術院賞。同年芸術院会員。平成14年10月14日死去。73歳。東京出身。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

大辞林 第三版の解説

ひのけいぞう【日野啓三】

1929~2002) 小説家。東京生まれ。東大卒。読売新聞入社、評論集「虚点の思想」で虚構的時代を問い、「あの夕陽」で芥川賞受賞。幻想と現実の交錯する内的な風景を描く。作品「夢の島」「砂丘が動くように」「台風の眼」など。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

日野啓三
ひのけいぞう
(1929―2002)

評論家、作家。東京に生まれる。1952年(昭和27)東京大学文学部社会学科卒業。同年読売新聞社外報部に勤務。ソウル、サイゴンに在勤。その体験を『ベトナム報道』(1966)として刊行する。早くから評論家として知られ、のちに小説も書く。『還(かえ)れぬ旅』(1971)、『此岸(しがん)の家』(1974。平林たい子賞)などを刊行。74年韓国人女性との結婚をめぐる経緯を描いた『あの夕陽』で芥川(あくたがわ)賞受賞。ほかに評論集『存在の芸術』(1967)、小説『天窓のあるガレージ』(1982)、『抱擁』(1982。泉鏡花賞)、『夢を走る』(1984)、『夢の島』(1985。芸術選奨)、『砂丘が動くように』(1986。谷崎潤一郎賞)、『どこでもないどこか』(1990)、『断崖(だんがい)の年』(1992。伊藤整文学賞)、『台風の眼』(1993。野間文芸賞)、『光』(1995。読売文学賞)、『天池(てんち)』(1999)、『梯(きざはし)の立つ都市(まち) 冥府(めいふ)と永遠の花』(2001)、『落葉 神の小さな庭で』(2002)などがある。[金子昌夫]
『『光』(1995・文芸春秋) ▽『日野啓三短篇選集』上下(1996・読売新聞社) ▽『日野啓三自選エッセイ集――魂の光景』(1998・集英社) ▽『天池』(1999・講談社) ▽『梯(きざはし)の立つ都市(まち) 冥府と永遠の花』(2001・集英社) ▽『落葉 神の小さな庭で』(2002・集英社) ▽『此岸の家』(河出文庫) ▽『抱擁』『あの夕陽』(集英社文庫) ▽『砂丘が動くように』『夢の島』(講談社文芸文庫) ▽『断崖の年』(中公文庫) ▽『台風の眼』(新潮文庫)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日野啓三の関連キーワード村田英雄阿部照哉伊藤喜一郎大塚正徳大歳克衛甲田綏郎諏訪優高野斗志美高秀秀信津金孝邦

今日のキーワード

信長協奏曲(コンツェルト)

石井あゆみによる漫画作品。戦国時代にタイムスリップした現代の高校生が病弱な織田信長の身代わりとして生きていく姿を描く。『ゲッサン』2009年第1号から連載開始。小学館ゲッサン少年サンデーコミックス既刊...

続きを読む

コトバンク for iPhone

日野啓三の関連情報