コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

日銀考査 にちぎんこうさBOJ bank examination

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

日銀考査
にちぎんこうさ
BOJ bank examination

日本銀行が,金融機関経営の健全性を確保し金融政策の運営に資するため,銀行の業務運営について行なう検査。日銀考査局が個々の金融機関に出向いて経営,資産内容などにつき実地に調査し,問題がある場合には適切な指導を行なう。このほかに金融庁が金融機関に対する監督行政の一環として行なう検査があるが,これは法律に基づく検査で,予告なしに実施されるのに対し日銀考査は銀行との約定に基づくもので,事前に通告がある点などが異なる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

にちぎん‐こうさ〔‐カウサ〕【日銀考査】

日本銀行職員が、取引先の金融機関に立ち入って行う実態調査。資産内容や管理体制などについて調査し、改善すべき箇所があれば指導も行う。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

外国為替用語集の解説

日銀考査

信用秩序の維持を目的として、日本銀行に当座預金をおいている金融機関を対象に、日銀法に基づいて行う立ち入り調査。金融機関の経営実態や管理体制を把握するため必要に応じて行い、考査の結果は公表しないが、業務改善に関する指導や要請を行う。

出典 (株)マネーパートナーズ外国為替用語集について 情報

大辞林 第三版の解説

にちぎんこうさ【日銀考査】

日本銀行が銀行・信用金庫・証券会社など取引金融機関の資産状態や営業状況について実地調査(考査)し、資産の査定と経営について講評(助言・指導)すること。金融機関考査。 → 銀行考査

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

日銀考査
にちぎんこうさ

日本銀行は「銀行の銀行」として銀行・証券会社など金融機関と預金・貸出取引を日々行っており、窓口を通じて取引先金融機関の資金繰り・与信活動の状況の把握につとめている。そのほか日銀は取引先金融機関との約定に基づき、日銀職員が適時、当該金融機関を訪問しその業務と財産の状況について実態調査を行っている。これらの調査を総称して日銀考査とよぶ。
 旧日本銀行法では日銀考査の根拠規定はなく、日銀と取引先金融機関との契約によって行われていたが、改正日本銀行法(1998年4月施行)では第44条に明文化された。一般に日銀考査と金融庁検査局の検査(大蔵省時代には大蔵省検査といわれた)はしばしば同一視されることがある。金融庁の検査は、銀行法25条によって金融機関の法令違反をチェックする点に重点が置かれる。これに対して日銀考査は、金融機関が健全経営を行っているかどうか、日銀の金融政策の効果が個々の金融機関の行動に浸透しているかどうか、その実態と問題点を調査し、金融機関を指導することをねらいとする。
 日銀法改正の審議の過程において、金融機関側から当時の大蔵省検査と日銀考査は二重の負担であり、その軽減を求める意見が出された。しかし大蔵省検査と日銀考査は目的・手法が異なること、また金融機関の経営破綻(はたん)が発生している状況からみて、両者は実施時間等について互いに調整する必要はあるものの、従来どおり両者によるダブル・チェックが行われることになった。[石田定夫]
『熊倉修一著『日本銀行のプルーデンス政策と金融機関経営――金融機関のリスク管理と日銀考査』(2008・白桃書房)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

日銀考査の関連キーワードミクロプルーデンス政策銀行考査信用秩序