コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

甘美 カンビ

デジタル大辞泉の解説

かん‐び【甘美】

[名・形動]
味が程よく甘くて、うまいこと。また、そのさま。「甘美な菓子」
心地よくうっとりとした気持ちにさせること。また、そのさま。「甘美な夢」「甘美な音楽」
[派生]かんびさ[名]

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

かんび【甘美】

( 名 ・形動 ) [文] ナリ 
甘くて味のよい・こと(さま)。 「 -な果実」
うっとりと快く楽しい・こと(さま)。 「 -な陶酔に浸る」
[派生] -さ ( 名 )

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

甘美の関連キーワードショパン:ロンド ハ短調/piano soloイングリッシュ・ホルンマイヤーフェルスターオーボエ・ダモーレジョルジョーネティーズデールアマン・ジャンフラゴナールマルティーニタリアビーニローランサンロマンチストロマンチック篠田悌二郎中塚一碧楼ハーフィズキスリングハウスマンデリシャスフアーネス

今日のキーワード

跋扈

[名](スル)《「後漢書」崔駰伝から。「跋」は越える意、「扈」は竹やな》魚がかごを越えて跳ねること。転じて、ほしいままに振る舞うこと。また、のさばり、はびこること。「軍閥の跋扈」「悪辣な商売が跋扈する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

甘美の関連情報