甘美(読み)かんび

精選版 日本国語大辞典「甘美」の解説

かん‐び【甘美】

〘名〙 (形動)
① とろけるように甘くて味のよいこと。また、そのさま。うまいあじわい。
※今昔(1120頃か)一「甘美(かんび)の飲食(おんじき)を盛て仏の御許(みもと)に詣(いた)るに」 〔漢武内伝〕
② 感覚に甘くこころよく感じること。とろけるように気持のよいさま。
※異端者の悲しみ(1917)〈谷崎潤一郎〉五「それは〈略〉甘美にして芳烈なる芸術であった」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「甘美」の解説

かん‐び【甘美】

[名・形動]
味が程よく甘くて、うまいこと。また、そのさま。「甘美な菓子」
心地よくうっとりとした気持ちにさせること。また、そのさま。「甘美な夢」「甘美な音楽」
[派生]かんびさ[名]

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

緑酒

〘名〙 緑色の酒。よい酒。うまい酒の色としていう。※菅家文草(900頃)五・雨晴対月「緑酒猶催醒後盞、珠簾未レ下暁来鈎」※一高寮歌・嗚呼玉杯に花うけて(1902)〈矢野勘治〉「嗚呼玉杯に花うけて 緑酒...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android