コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

早岐瀬戸 はいきせと

3件 の用語解説(早岐瀬戸の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

早岐瀬戸
はいきせと

長崎県中部,針尾島と九州島との間の海峡。全長約 11km,幅約 125mの河川状の狭い水道で,潮流は速い。大村湾佐世保湾とを結ぶ西の針尾瀬戸に対して東の通路にあたり,現在は船舶の航行が少いが,かつては海陸交通の要路で,海峡に面する早岐と南風崎 (はえのさき) はその中心であった。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

はいきせと【早岐瀬戸】

長崎県佐世保市の南東部,本土と針尾島の間にある長さ約10kmの瀬戸。大村湾と佐世保湾をつなぐ水道で,水深は3m以下,潮流は緩やかである。江戸時代からの干拓や土砂の堆積により狭く,浅くなったが,近年護岸や浚渫(しゆんせつ)工事が行われ,ふたたび瀬戸はよみがえった。1954年,北部の早岐に架けられた観潮橋のほか,南部の南風崎(はえのさき)に橋があり,さらに83年観潮橋の北に早岐瀬戸大橋が完成した。古くは重要な海上交通路であったが,現在は早岐から国道202号線が糸島経由で長崎へ通じている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

早岐瀬戸
はいきせと

長崎県佐世保(させぼ)市の南部に位置し、針尾(はりお)島と東の本土との間にある狭小な瀬戸。長さ約11キロメートル、幅400メートル内外。大村湾の水を佐世保湾に通じ、さらに外洋に通ずる東の出入口であるが、西の伊ノ浦(いのうら)瀬戸(針尾瀬戸)に比べ水深はきわめて浅くわずかに3メートル以下、潮流も緩やかで河川状をなす。大手原(おおてばる)、小田(おだ)では干拓が進み、瀬戸の幅を縮小している。早岐、南風崎(はえのさき)などに架橋があり、前者の橋を観潮(かんちょう)橋とよび、ここに国道202号を通ずる。観潮橋付近の瀬戸の右岸に、海の幸と陸の幸とを物々交換する古くからの早岐茶市が5月の8の日を中心に3回9日間、および6月8日を挟んで1回3日間の計4回開かれる。1897年(明治30)の茶市では、この瀬戸への出入船は3000を超えたが、翌年鉄道の開通によって瀬戸の交通量は激減した。[石井泰義]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone

早岐瀬戸の関連情報