コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

早岐瀬戸 はいきせと

3件 の用語解説(早岐瀬戸の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

早岐瀬戸
はいきせと

長崎県中部,針尾島と九州島との間の海峡。全長約 11km,幅約 125mの河川状の狭い水道で,潮流は速い。大村湾佐世保湾とを結ぶ西の針尾瀬戸に対して東の通路にあたり,現在は船舶の航行が少いが,かつては海陸交通の要路で,海峡に面する早岐と南風崎 (はえのさき) はその中心であった。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

はいきせと【早岐瀬戸】

長崎県佐世保市の南東部,本土と針尾島の間にある長さ約10kmの瀬戸。大村湾と佐世保湾をつなぐ水道で,水深は3m以下,潮流は緩やかである。江戸時代からの干拓や土砂の堆積により狭く,浅くなったが,近年護岸や浚渫(しゆんせつ)工事が行われ,ふたたび瀬戸はよみがえった。1954年,北部の早岐に架けられた観潮橋のほか,南部の南風崎(はえのさき)に橋があり,さらに83年観潮橋の北に早岐瀬戸大橋が完成した。古くは重要な海上交通路であったが,現在は早岐から国道202号線が糸島経由で長崎へ通じている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

早岐瀬戸
はいきせと

長崎県佐世保(させぼ)市の南部に位置し、針尾(はりお)島と東の本土との間にある狭小な瀬戸。長さ約11キロメートル、幅400メートル内外。大村湾の水を佐世保湾に通じ、さらに外洋に通ずる東の出入口であるが、西の伊ノ浦(いのうら)瀬戸(針尾瀬戸)に比べ水深はきわめて浅くわずかに3メートル以下、潮流も緩やかで河川状をなす。大手原(おおてばる)、小田(おだ)では干拓が進み、瀬戸の幅を縮小している。早岐、南風崎(はえのさき)などに架橋があり、前者の橋を観潮(かんちょう)橋とよび、ここに国道202号を通ずる。観潮橋付近の瀬戸の右岸に、海の幸と陸の幸とを物々交換する古くからの早岐茶市が5月の8の日を中心に3回9日間、および6月8日を挟んで1回3日間の計4回開かれる。1897年(明治30)の茶市では、この瀬戸への出入船は3000を超えたが、翌年鉄道の開通によって瀬戸の交通量は激減した。[石井泰義]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

早岐瀬戸の関連キーワード長崎県佐世保市上町長崎県佐世保市熊野町長崎県佐世保市島瀬町長崎県佐世保市早岐長崎県佐世保市針尾北町長崎県佐世保市針尾中町長崎県佐世保市針尾西町長崎県佐世保市針尾東町長崎県佐世保市平瀬町長崎県佐世保市元町

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

早岐瀬戸の関連情報