コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

明徳館 めいとくかん

大辞林 第三版の解説

めいとくかん【明徳館】

出羽秋田藩の藩校。1789年に藩主佐竹義和よしまさが明道館として設立、1811年改称。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

百科事典マイペディアの解説

明徳館【めいとくかん】

秋田藩第9代藩主佐竹義和(よしまさ)によって1789年に開設された藩校。藩の運営を取り仕切る人材を育成する目的で設立され,当初は単に〈学館〉と称したが,1793年に江戸から儒学者の山本北山を招き,学則や機構を整え〈明道館〉とした。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

明徳館
めいとくかん

出羽(でわ)秋田(久保田(くぼた))藩の藩学。1789年(寛政1)藩主佐竹義和(よしまさ)が、家老疋田柳塘(ひきたりゅうとう)の意見で、藩政改革の一環として人材養成のため設立。初め明道館、1811年(文化8)改称。毎年釈奠(せきてん)の日にあわせて養老儀を行い、趣旨を士庶に触れた。1794年藩内要地七か所に書院を設け、教育を拡張。儒学中心で、ほかに医学館があった。1825年(文政8)以降「和学方(わがくかた)」として国学者が採用され、やがて漢学者と対立。平田門実学としての西洋砲術所に拠(よ)る国学派が維新戊辰(ぼしん)期に藩論を勤皇に傾けた。[木槻哲夫]
『『秋田県史 文芸教育編』(1961・秋田県) ▽文部省編・刊『日本教育史資料 六』(1889)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

明徳館の関連キーワード根本通明(ねもとつうめい)大久保鉄作山県守雌斎小野崎通亮山中新十郎瀬谷桐斎奥山榕斎藩学一覧北村五嶺黒沢四如志賀為吉大友直枝弥高神社吉川忠安平元謹斎吉川忠行久保田城谷口吉生野上陳令山崎勝謙

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

明徳館の関連情報