コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

春化処理 しゅんかしょりvernalization

翻訳|vernalization

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

春化処理
しゅんかしょり
vernalization

一年生植物が発芽,生長,開花,結果と正常な発育をするには,気候的な変化にあうことによって内的な変化を必要とすると考えられる。このため,人為的にこのような条件,特に寒さ,湿度の変化など要求される条件を与えて,その植物の発育を促すことを春化処理という。 1829年,ソ連の T.P.ルイセンコによって開発された。この処理により秋まきコムギを春まきにできるところから,この名が出た。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

しゅんか‐しょり〔シユンクワ‐〕【春化処理】

植物の生長期に、低温の時期を与えることによって、花芽の形成を促進する方法。秋まき小麦の種子を低温にさらすと、春にまいても収穫ができる。バーナリゼーション。ヤロビザーチヤ。→ヤロビ農法

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

春化処理【しゅんかしょり】

ヤロビザーツィヤ,バーナリゼーションとも。植物の種子などを一定期間低温にさらして秋まき植物の性質を春まき植物の性質に転化させる処置。たとえば秋まきコムギを春まいて出穂させるために,発芽直後に一定期間低温に合わせる。
→関連項目ジベレリンヤロビ農法

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

しゅんかしょり【春化処理 vernalization】

冬の低温などを経過しないと出穂(抽だい)・結実しない秋まきの植物の性質を完全に消去して,春まきの性質に転化させる人為的な処理。また,このように秋まきの性質が春まきの性質に転化する現象を春化という。春にまくと出穂しない秋まき栽培用のコムギを,わずかに芽を出させた後ある期間低温にあわせれば,春にまいても春まき栽培用のコムギと同様に出穂・結実する。この現象は,ソ連のT.D.ルイセンコがとりまとめ1929年に発表して以来,春化を意味するロシア語のヤロビザーツィヤyarovizatsiyaとともに,世に広く知られるようになった。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

しゅんかしょり【春化処理】

植物を低温処理して、花芽の形成・開花を促すこと。例えば、秋まき小麦の種子を一定期間低温にさらすと、春にまいても正常に開花結実する。ヤロビザーチャ。バーナリゼーション。春化。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の春化処理の言及

【ルイセンコ】より

…1938年にソ連農業科学アカデミー総裁となる。植物の生長期には温度を必要とする段階と光を必要とする段階があるという発育段階説を提唱,それを利用したバーナリゼーション(春化処理)なる栽培法を実施(1929)。また生物の遺伝性は環境との関連で存在するとして遺伝子を中心におくメンデリズムを批判,いわゆるルイセンコ学説を展開,科学界のみでなく政治の世界をもまきこんだルイセンコ論争の主役となった。…

※「春化処理」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

春化処理の関連キーワードトロフィン ルイセンコヤロビザーチャ段階発育説春化現象感温性ヒヨス予措

今日のキーワード

ビットコイン

インターネット上で使用できる仮想通貨の一つ。日本円のような法定通貨とは異なり、通貨としての機能を持つ電子データであり、1ビットコインは、1BTCという単位で表記される。仮想通貨と似たものに、オンライン...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android