コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

春日居[町] かすがい

百科事典マイペディアの解説

春日居[町]【かすがい】

山梨県中部,東山梨郡の旧町。甲府盆地北部の山地斜面と笛吹川沖積地を占め,中央本線が通じる。モモ,ブドウ多産プリンスメロン,コイ養殖も知られる。南部には温泉が多い。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

かすがい【春日居[町]】

山梨県中央部,東山梨郡の町。人口6861(1995)。南東部を笛吹川が流れる。甲府盆地北部を占めるこの一帯は,近年,桃とブドウの果樹園が広がり,従来の水田と桑園の土地利用は一変した。さらに1965年温泉が湧出し,果樹園とあわせて〈果樹温泉郷〉として観光地化が進んでいる。また水質の良さをいかして古くから養鯉が行われ,近年は食用ゴイとともに観賞用コイの飼育が盛んになっている。古代に初期の甲斐国府が置かれた地で,国分寺ないし国分尼寺跡とされる寺本廃寺跡がある。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報