(読み)コロ

デジタル大辞泉「頃」の解説

ころ【頃/比】

あるきまった時期の前後を含めて大まかにさす語。時代。時分。ころおい。「子供の—」「その—、会社に戻っていた」「—は元禄一四年」
しおどき。ころあい。ちょうどよい時。「—を見計らって話を切り出した」
おおよその年齢。「年の—は四〇歳ほど」
ある期間。
「敷島や大和にはあらぬ唐衣—も経ずしてあふよしもがな」〈古今・恋四〉
時節。季節。→ごろ(頃)
「—は正月……十一、二月、すべて折につけつつ、一とせながらをかし」〈・二〉
[用法]ころ・おり・さいせつ——「ころ」は幅のある、ある時を漠然と指す。「もう湯が沸くころだ」「若いころの思い出」は、「おり」「際」「節」では置き換えられない。◇「おり」は「ころ」よりも限定された、ある一つの時、機会を示す。「その後、彼に会うおりがなかなかない」など。また、「当地にお出かけのおりにはぜひお立ち寄りください」は、「出かける」が相手の主体的行動であるところから、「際」で置き換えられる。◇「際」は何かを行う時、何かを処理する時を、「おり」をさらに限定して示す。したがって明確な行動を示す場合が多い。「出かける際には鍵をかける」「この際、すべてをかたづけてしまおう」などに「おり」「ころ」は用いない。◇「節」は元来節季を表すので、時を細かく限定するよりも大まかに漠然とした期間を示す。比較的古風で、改まった言い方なので使われる場面も限られ、決まり文句が多い。「この節は物価が高くて困ります」「その節にはいろいろお世話になりました」「おめもじの節はよろしく」など。
[類語]時期時分時間時刻刻限時点頃合ころあ頃おい

ごろ【頃/比】

[接尾]《名詞「ころ(頃)」から》
時を表す語に付いて、その前後を漠然と示す。「三時—行く」「六月—開店する」「一九〇〇年—」
動詞の連用形に付いて、そうするのにふさわしい時期・状態である意を表す。「花は今が見—だ」「食べ—の西瓜すいか
名詞に付いて、その点でちょうどよい、の意を表す。「値—の品」「手—の

けい【頃】[漢字項目]

常用漢字] [音]ケイ(漢) [訓]ころ このごろ しばらく
〈ケイ〉
このごろ。「頃日
しばらく。「頃刻/少頃」
田の面積の単位。百畝。「万頃ばんけい
〈ころ(ごろ)〉「今頃年頃日頃
[難読]頃比ころおい

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典「頃」の解説

けい【頃】

〘名〙 中国地積の単位。時代によって多少相違があるが、ふつう百畝(ほ)をいう。約六七〇アール。
性霊集‐二(835頃)沙門勝道上補陀洛山碑「北望則有湖、約計一百頃、東西狭、南北長」 〔後漢書‐五行志一〕
[補注]「日本書紀」等に、地積の単位として「頃」が用いられたがあるが、「シロ」という古訓が示すように、これらは町段歩制が行なわれる以前の日本における地積単位「しろ(代)」のあて字である。

ごろ【頃】

〘語素〙
① その時分。そのほどの時分。ほどあい。「年ごろ」「このごろ」「なかごろ」など。→ころ①④。
② それが最もよい状態にある時期。「食べごろ」「見ごろ」など。→ころ⑤。
③ 適切な大きさ。適当な程度。おおよそのところ。→ころ⑥。
※魚服記(1933)〈太宰治〉一「山脈のまんなかごろのこんもりした小山の中腹に」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内のの言及

【代田法】より

…華北とくに河東,弘農,三輔の地,および居延その他の辺境が対象となった。その内容は,戸1頃(1頃は4.5ha)を基準にした5戸に政府で製作した犂をもって耕作させる方法。犂は2本の犂先を持ち,2牛3人で作業する大型のもので,この犂で田に1尺間隔に深さ1尺,幅1尺の甽(みぞ)と,幅1尺,高さ1尺の畝(うね)を交互に作り,甽中に播種し苗が3葉を出すころから苗の生長に従って畝の土を甽に落としてゆく。…

【代】より

…〈頃〉とも書く。日本の古代・中世において用いられた土地面積の単位。…

※「頃」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

偽計業務妨害罪

虚偽の風説を流布し,または偽計を用いて人の業務を妨害する罪 (刑法 233) 。流布とは,犯人自身が公然と文書,口頭で伝達するほか,口伝えに噂として流す行為も含む。偽計とは人を欺罔,誘惑し,あるいは人...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android