コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

普代[村] ふだい

1件 の用語解説(普代[村]の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

ふだい【普代[村]】

岩手県北東部,下閉伊(しもへい)郡の村。人口3796(1995)。高さ100m以上の海岸段丘が発達する太平洋岸には,陸中海岸国立公園の黒崎など雄大な断崖絶壁が連続する。黒崎沖は資源の豊富な三陸漁場であり,漁業が主産業であるが,近年は養殖漁業への転換が進んでいる。北上高地に連なる山間部は木材をはじめ大理石石灰岩などの地下資源恵まれるが,開発は遅れている。蝦夷地へ向かう源義経が武運を祈願したという伝説をもつ漁業の神,鵜鳥神社がある。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

普代[村]の関連キーワード出雲平野北山崎久慈南部馬方節いわいずみたのはた三田貝分校やまだ西塔幸子西川屋茂平

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone