曾我の対面(読み)そがのたいめん

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

曾我の対面
そがのたいめん

曾我物語を題材とした曾我狂言 (→曾我物 ) のなかで,曾我十郎五郎兄弟が父親のかたき工藤祐経とその館で初めて出会う場面,またそれを変形させた場面のことをいう。江戸の歌舞伎では享保頃から初春 (正月) に曾我狂言を上演することが年中行事化し,対面の場はその1番目大詰に演じられることが原則となっていた。工藤は座頭,十郎は和事,五郎は荒事の役として上演されるのが一般的な型になっており,衣装,音楽などにも一定の決りがある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

そがのたいめん【曾我の対面】

曾我兄弟が敵(かたき)工藤祐経に対面する場面の総称。初めて演じられたのは1676年(延宝4)1月江戸中村座といわれるが,享保(1716‐36)以後の江戸歌舞伎で〈曾我狂言〉が初春興行慣例になってからは,その一番目大詰にかならず設けられ,毎年の各座でさまざまな変形が生まれた。明治になって河竹黙阿弥が様式を統一させた台本が近年に伝わり,《寿曾我対面(ことぶきそがのたいめん)》または《吉例曾我礎(きちれいそがのいしずえ)》などの外題一幕物として単独に上演されている。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android