コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

有明の月 アリアケノツキ

デジタル大辞泉の解説

ありあけ‐の‐つき【有明の月】

陰暦16日以後、夜が明けかけても、空に残っている月。ありあけづき。ありあけづくよ。ありあけ。 秋》「―になりけり母の影/其角

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

ありあけのつき【有明の月】

夜が明けて、なお空に残っている月。有明月。 「あさぼらけ-と見るまでに吉野の里に降れる白雪/古今

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

有明の月の関連キーワード滋賀浦・志賀浦小倉百人一首徳大寺実定三条西実隆問はず語り安並雅景明けの月藤原実定坂上是則有明月夜澄み昇る朝月夜決り字有明月空隠れ源信明暁月夜白雪残月素性

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

有明の月の関連情報