有明の月(読み)アリアケノツキ

デジタル大辞泉の解説

ありあけ‐の‐つき【有明の月】

陰暦16日以後、夜が明けかけても、空に残っている月。ありあけづき。ありあけづくよ。ありあけ。 秋》「―になりけり母の影/其角

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

ありあけのつき【有明の月】

夜が明けて、なお空に残っている月。有明月。 「あさぼらけ-と見るまでに吉野の里に降れる白雪/古今

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

ありあけ【有明】 の 月(つき)

陰暦十六夜以後の月。夜が明けても、なお天に残っている月。ありあけ。《季・秋》
※古今(905‐914)冬・三三二「あさぼらけありあけの月とみるまでによしののさとにふれるしら雪〈坂上是則〉」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

バンクシー

英ロンドンを中心に活動する覆面アーティスト。世界各地の街に現れて建物の壁などに社会風刺的なグラフィティアートを描くなど、ゲリラ的なアート活動を行っている。2005年に自身の作品を世界各国の有名美術館に...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

有明の月の関連情報