寒月(読み)カンゲツ

世界大百科事典 第2版の解説

かんげつ【寒月】

都山流尺八楽本曲。1911年2月,初世中尾都山作曲。同年の勅題〈寒月梅花を照らす〉にちなみ,凄絶(せいぜつ)な寒月の叙景と,それに寄せる作者の感懐を表現した曲。3段構成で,初段・2段は独奏,3段は三重奏。全体として序破急の構成と見立てられるが,各段の形式は自由で,とくに主題を設けず,随意即興的に展開する。都山流らしい手法が縦横に駆使され,同流本曲中でも秘曲の一つとされる。【上参郷 祐康】

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

かんげつ【寒月】

冬の夜空に皎皎こうこうとさえて見える月。寒い夜の月。 [季] 冬。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

かん‐げつ【寒月】

〘名〙
① 寒い夜に光の冷たく冴えわたった月。冬の月。《
※明衡往来(11C中か)中末「不参内侍、対寒月寐」 〔杜甫‐北征詩〕
② 寒いころ。冬。冬季。
養生訓(1713)二「寒月はますべくしてかへってかれてすくなし」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

ラグビーワールドカップ2019日本大会

2019年9月20日から11月2日まで、日本で行われる15人制ラグビーの世界大会。ラグビーユニオンの国際統括団体であるワールドラグビー(World Rugby)が主催し、ナショナルチームの世界一を決定...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

寒月の関連情報