コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

居待(ち)月 イマチヅキ

2件 の用語解説(居待(ち)月の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

いまち‐づき〔ゐまち‐〕【居待(ち)月】

《やや遅く出るので座って待つ月の意》
[名]陰暦18日の月。特に、陰暦8月18日の月。居待ちの月。 秋》「わが影の築地にひたと―/立子」→立ち待ち月寝待ち月
[枕]居待ち月が明るいところから、「明かし」「明石」にかかる。
「―明石の門(と)ゆは」〈・三八八〉

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

居待月
いまちづき

陰暦18日の夜の月。『万葉集』に「座待(いまち)月」とあるように、この夜の月の出は遅く、座してその出を待ったところから出た名という。限定的には、とくに仲秋の名月に続く陰暦8月18日の夜の月をいい、和歌や俳諧(はいかい)に多く詠まれている。「座待月明石(あかし)の門(と)ゆは 夕されば潮を満たしめ 明けされば潮をかれしむ」(『万葉集』3、作者不詳)とあるように、この夜の月は明け方近くまで明るいところから、「明(あ)かし」と同音の「明石」に掛かる枕詞(まくらことば)としても用いられている。[宇田敏彦]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

居待(ち)月の関連キーワード天つ水十六夜の月遅め果報は寝て待て待避月の出夜座寝待ちの月花つ月臥し待ちの月

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone