コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

居待(ち)月 イマチヅキ

デジタル大辞泉の解説

いまち‐づき〔ゐまち‐〕【居待(ち)月】

《やや遅く出るので座って待つ月の意》
[名]陰暦18日の月。特に、陰暦8月18日の月。居待ちの月。 秋》「わが影の築地にひたと―/立子」→立ち待ち月寝待ち月
[枕]居待ち月が明るいところから、「明かし」「明石」にかかる。
「―明石の門(と)ゆは」〈・三八八〉

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

居待月
いまちづき

陰暦18日の夜の月。『万葉集』に「座待(いまち)月」とあるように、この夜の月の出は遅く、座してその出を待ったところから出た名という。限定的には、とくに仲秋の名月に続く陰暦8月18日の夜の月をいい、和歌や俳諧(はいかい)に多く詠まれている。「座待月明石(あかし)の門(と)ゆは 夕されば潮を満たしめ 明けされば潮をかれしむ」(『万葉集』3、作者不詳)とあるように、この夜の月は明け方近くまで明るいところから、「明(あ)かし」と同音の「明石」に掛かる枕詞(まくらことば)としても用いられている。[宇田敏彦]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

居待(ち)月の関連キーワード居待ちの月立待月寝待月明石

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android