コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

下弦 かげんlast quarter

翻訳|last quarter

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

下弦
かげん
last quarter

から新月へいたる間の月。向って左半分 (東側) が輝いている。月の入りではそのになる。 (→上弦 )  

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

か‐げん【下弦】

満月のあとの半月。地球から見て、太陽の90度西にあり、月の東半分が輝く。夜半に東から昇り、日の出時に南中する。下弦の月 秋》上弦

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

下弦【かげん】

満月の次の半月。月は太陽より90°西方にあり,月の東側が半円状に輝く。下弦の月の出は真夜中で,夜明けに南中。半月を弓と見ると弦は下向きになる。
→関連項目上弦半月

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

かげん【下弦 last quarter】

月の視黄経が太陽のそれより270゜だけ大きくなったとき,または,これを含む日をいう。このころの月(下弦の月)は,中・低緯度地帯では夜半に東より昇り,明け方に南中し,昼ごろに西に沈む。見かけは半月である。嵐の海を含む半球が照らされるが,この半球は海が多いために,山地の多い半球が輝く上弦の月に比べて光度が小さい。文学では〈下弦の月〉を暁方に見える月というほどの意味で用いられることも多い。【森

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

かげん【下弦】

満月から新月に至る中間頃の月。陰暦22、3日頃、太陽との黄経差が270度になるときの月。月の左側が膨らみ、入りの際半月の弦が下向きとなる。 ↔ 上弦

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

下弦の関連キーワード禍・下・仮・伽・何・佳・価・假・價・加・化・卦・可・呵・嘉・夏・嫁・家・寡・戈・暇・果・架・歌・河・渦・火・瑕・瓜・禍・禾・科・稼・窩・箇・花・苛・荷・菓・華・訛・訶・課・貨・迦・過・霞・靴・顆ニッポンウミシダいにしえの休日月(衛星)月(周期)月周リズム国弘 威雄下の弓張り目黒真希農耕儀礼弓張り月二十三夜栗山千明朔望月三世相潮汐力陰暦月齢大潮シン

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

下弦の関連情報