コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

有機ガラス ゆうきガラスorganic glass

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

有機ガラス
ゆうきガラス
organic glass

合成樹脂でできたガラス様の透明板。ポリメタクリル酸メチルポリ塩化ビニルセルロイドなどからつくったものは透明で,尿素樹脂メラミン樹脂などのものは半透明。軟らかく表面が傷つきやすく,化学薬品や熱に対しては弱いが,比重が小さく,成形が容易で割れにくく,透明なものは光の屈折率もよいなどの利点があるため,照明用具,光学レンズなどに多用されている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

有機ガラス【ゆうきガラス】

透明な板ガラス状プラスチック製品の通称。航空機の窓,看板,サングラスなどに使用される。メタクリル酸メチル樹脂の注形板が代表的。他にポリスチレン,不飽和ポリエステル樹脂,塩化ビニル樹脂なども用いられる。
→関連項目アクリル樹脂ガラス

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ゆうきガラス【有機ガラス organic glass】

透明なプラスチックを用いてつくられたガラス状成形品の通称。当初尿素樹脂を型に入れて硬化したものが用いられたが,その後第2次世界大戦中に軍用機の風防ガラスなどとして用いられたメタクリル樹脂の注型成形品を一般に有機ガラスと呼ぶようになった。現在でも航空機の窓,バス,列車の窓(とくにアメリカで多い),看板,装飾表示品,サングラスなどに広く用いられている。有機ガラスの欠点であった表面の傷のつきやすさも,シリコーン系化合物を塗布,硬化させることにより大幅に改善された。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

ゆうきガラス【有機ガラス】

プラスチックのうち、透明で強度があり、ガラスの代用品となるもの。メタクリル樹脂がその代表。ほかにポリスチレン・ポリ塩化ビニルなど。傷つきやすいが、成形加工が容易で軽く割れにくい。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

有機ガラス
ゆうきがらす
organic glass

メタクリル酸メチルエステルの重合体(ポリメチルメタクリレート)の透明性を利用して板状にしたアクリル樹脂の総称。1936年にイギリスのICI社から航空機の風防ガラスとして売り出されたのが最初である。[垣内 弘]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

有機ガラスの関連キーワード三菱化成工業[株]メタクリル酸メチルポリカーボネートアクリルガラス光透過性樹脂メタクリル酸アクリル硝子塊状重合代用品

有機ガラスの関連情報