コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

有毒植物による中毒 ゆうどくしょくぶつによるちゅうどく

1件 の用語解説(有毒植物による中毒の意味・用語解説を検索)

家庭医学館の解説

ゆうどくしょくぶつによるちゅうどく【有毒植物による中毒】

 一般の野菜や山菜とまちがえて食べて中毒をおこします。
チョウセンアサガオ
 ゴボウとまちがえた中毒事故がよくおこります。ベラドンナアルカロイドが含まれています。当初は、からだのふらつき、だるさ、眠けが現われますが、不安、せん妄(もう)、失見当識(しつけんとうしき)、幻覚、活動亢進(かつどうこうしん)などが現われ、統合失調症の急性期や急性アルコール中毒とまちがえられ、病院に収容されることもあります。食べてから30分~2時間後に現われ始めます。
ハシリドコロ
 フキノトウとまちがえます。ベラドンナアルカロイドが含まれています。
ヒガンバナ科植物
 スイセンタマスダレヒガンバナキツネノカミソリハマユウには、リコリンというアルカロイドが含まれていて、ニラ、アサツキノビルなどとまちがえて中毒をおこします。
 吐(は)き気(け)・嘔吐(おうと)が主症状です。重症になると、低血圧、頻脈(ひんみゃく)、期外収縮(きがいしゅうしゅく)などがおこり、心停止することもあります。
ドクゼリ
 毒成分はシクトキシンで、食用のセリとまちがえて食べると、治まってはくり返すけいれん発作(ほっさ)がおこります。食べた量が多いと、代謝性アシドーシスや腎不全(じんふぜん)のために生命にかかわることもあります。家庭での治療は無理です。すぐに受診しましょう。
トリカブト
 毒成分は、アコニチンを主とするアルカロイドで、体内に入ると、重い不整脈(ふせいみゃく)がおこります。山菜のニリンソウモミジガサと誤って食べ、中毒がおこることがあります。
 食べてから15~30分で、嘔吐、しびれ、脱力感、ことばのもつれ、頭痛、めまい、発汗などが現われ、立っていることができなくなります。目のかすみ、色覚異常(周囲が黄色く見えるなど)もおこります。不整脈が頻発し、ほかの症状が治まった後も続き、生命にかかわります。
[治療]
 症状が現われたら、まず、吐き出します。たとえ症状が現われなくても、同じものを食べた人は、全員吐き出し、受診してください。

出典|小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。この事典によって自己判断、自己治療をすることはお止めください。あくまで症状と病気の関係についてのおおよその知識を得るためのものとお考えください。

有毒植物による中毒の関連キーワード入れ違える門違い間違い見違える見間違い見間違える打違える蹴違える履違える天ぷら

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone