コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

有田皿山 ありたさらやま

世界大百科事典内の有田皿山の言及

【有田焼】より

…日本向けの古染付,祥瑞(しよんずい)などの明代末の中国磁器は,主として茶の湯の世界で用いられたが,有田諸窯では,それを写した日用雑器の焼造につとめていた。明代末の赤絵を学んで,有田皿山で色絵磁器が行われるようになるのは1640年代の初めころである。しかし色絵磁器の初期の製品は,国内市場よりも海外において高い声価を得ていた。…

※「有田皿山」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

有田皿山の関連キーワード富村勘右衛門(4代)嬉野次郎左衛門酒井田柿右衛門西有田[町]伊万里[市]伊万里(市)北村伝左衛門今泉今右衛門有田(町)有田[町]小野元立坊伊万里焼北島源吾李参平

今日のキーワード

跋扈

[名](スル)《「後漢書」崔駰伝から。「跋」は越える意、「扈」は竹やな》魚がかごを越えて跳ねること。転じて、ほしいままに振る舞うこと。また、のさばり、はびこること。「軍閥の跋扈」「悪辣な商売が跋扈する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android