木記(読み)もっき(英語表記)Mu-ji; Mu-chi

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

木記
もっき
Mu-ji; Mu-chi

書誌学の用語。中国の書物で,刊行時期,刊行地,依拠したテキストなどの一部または全部を記した部分をいう。おもに枠で囲まれて印章様になっているものをいい,刊行の由来などを付した長文のものは刊語と呼ぶ。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

もっき【木記】

中国の書物(漢籍)において,刊行時期,刊行地,刊行者の名などの全部もしくは一部を表示した部分をいう。刊記,牌記(はいき)ともいう。木記等の〈記〉は印記・図記の〈記〉,つまり印判印形の意味で,上述の表示が篆書(てんしよ)その他特別の字体を用いたり,まわりを枠で囲んだりして,印判を思わせることが多いためにこの名がある。この表示の習慣がいつ始まったかは明らかでないが,宋の南渡(1127)以後は盛んに行われた。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

余震

初めの大きい地震に引き続いて,その震源周辺に起こる規模の小さい地震の総称。大きい地震ほど余震の回数が多く,余震の起こる地域も広い。余震域の長径の長さは,地震断層の長さにほぼ対応している。マグニチュード...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android