コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

末次信正 すえつぐのぶまさ

4件 の用語解説(末次信正の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

末次信正
すえつぐのぶまさ

[生]1880.6.30. 山口
[没]1944.12.29. 東京
海軍軍人。広島一中を経て海軍兵学校海軍大学校を卒業後,潜水艦戦術で頭角を現し,『筑摩』艦長,第1潜水戦隊司令官,海軍大学教官,教育局長を歴任ののち,1928年軍令部次長となった。ロンドン海軍軍縮条約案審議に際し,補助艦対米7割を主張し,加藤寛治軍令部長とともに条約案に強硬に反対,いわゆる艦隊派を形成した。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

末次信正 すえつぐ-のぶまさ

1880-1944 明治-昭和時代前期の軍人,政治家。
明治13年6月30日生まれ。昭和3年海軍軍令部次長となり,5年軍令部長の加藤寛治(ひろはる)とロンドン海軍軍縮条約に反対。8年連合艦隊司令長官,翌年大将。退役後,第1次近衛内閣の内相。のち大政翼賛会中央協力会議議長。昭和19年12月29日死去。65歳。山口県出身。海軍大学校卒。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

世界大百科事典 第2版の解説

すえつぐのぶまさ【末次信正】

1880‐1944(明治13‐昭和19)
海軍軍人,政治家。山口県生れ。海軍兵学校,海軍大学校を卒業。1923年少将,第1潜水戦隊司令官となる。27年中将,翌年軍令部次長に就任,加藤寛治軍令部長とともにロンドン海軍軍縮条約に反対し,艦隊派の中心人物として強硬論を鼓吹した。33年連合艦隊司令長官,34年大将,37年予備役となる。第1次近衛文麿内閣内相,大政翼賛会中央協力会議議長などを歴任した。潜水艦戦術の権威であった。【江口 圭一

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

末次信正
すえつぐのぶまさ
(1880―1944)

大正~昭和時代の軍人、政治家。明治13年6月30日山口県に生まれる。海軍兵学校第27期、海軍大学校甲種学生第7期卒業後、第一潜水戦隊司令官、教育局長などを歴任。1928年(昭和3)海軍軍令部次長となり、1930年のロンドン海軍軍縮条約には加藤寛治(かとうひろはる)軍令部長らと反対し、いわゆる艦隊派を形成した。その後第二艦隊司令長官、連合艦隊司令長官を経て1934年大将に昇進、さらに横須賀鎮守府(よこすかちんじゅふ)司令長官、軍事参議官を歴任して退役後の1937年内閣参議、第一次近衛文麿(このえふみまろ)内閣の内相となり、1940年には大政翼賛会中央協力会議議長に就任した。潜水艦戦術の権威であり、機略に長じた策謀家といわれ、東亜建設連盟会長を務めるなど右翼の間で人気があった。昭和19年12月29日没。[木坂順一郎]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

末次信正の関連キーワード鈴木貫太郎海軍兵学校海兵兵学校伊月一郎川原袈裟太郎河原要一戸祭文造田中筠彦アメリカ海軍兵学校

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone