コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

本行 ほんぎょう

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

本行
ほんぎょう

日本演劇および音楽の用語。歌舞伎または三味線音楽およびその囃子において,先行原作または原曲を移入したものである場合,そのもととなっているもの,あるいはそれによる演出をいう。だいたいはから出たものをいうが,人形浄瑠璃から出たものについてもいう。歌舞伎囃子では,能と同様の囃子を「本行」といい,歌舞伎独自の囃子を「本来」ということもある。なお直接に能から出たものでなくても,能楽的な演出による場合,「本行がかり」という。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

ほん‐ぎょう〔‐ギヤウ〕【本行】

仏語。悟りを得て仏となるためのもととなる修行。
歌舞伎邦楽舞踊などで、または狂言から移入した作に対する、原作の能・狂言。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

ほんぎょう【本行】

〘仏〙 仏になるために修する根本の行法。正式の修行。
(傍書・傍注に対して)文章本文。
能・狂言から取り入れた歌舞伎脚本や歌謡に対し、その原作となった能・狂言のこと。また、そうした原作にのっとった演出。

ほんこう【本行】

[0] 本店にあたる銀行。
[1] (自分たちが勤める)この銀行。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

本行の関連キーワード千葉県千葉市中央区浜野町東京都荒川区西日暮里お水取り(東大寺)アルプス誘拐ルート井上八千代(3代)井上八千代(2代)老松堂日本行録行政書士記念日ユキマサくん佐々木惣一本因坊算砂荒川(区)大淀三千風増田 日遠阿利 莫二ジャータカ流光斎如圭長浜政寿清水一瓢辻 清明

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

本行の関連情報