コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

李秀成 りしゅうせいLi Xiu-cheng; Li Hsiu-ch`êng

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

李秀成
りしゅうせい
Li Xiu-cheng; Li Hsiu-ch`êng

[生]道光3(1823)
[没]同治3(1864)
中国,太平天国の指導者。広西省藤県の貧農の子。上帝会会員となり,兵卒として太平天国軍に参加,累進して楊秀清韋昌輝の内紛と石達開の脱出ののち,英王陳玉成とともに軍事を掌握。咸豊9 (1859) 年忠王に封じられ,太平天国の政務の最高実力者となり,英王死後も江南の確保に努めたが,太平天国滅亡の際,曾国 荃に捕えられ,獄中,曾国藩が書かせた「李秀成供状」の自白書を残して刑死した。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

李秀成【りしゅうせい】

中国,太平天国末期の中心的指導者。忠王。広西省の貧農出身。上帝会入会。洪秀全の金田村での武装蜂起(ほうき)後に一家をあげ太平天国に参加。兵卒より頭角を現す。1858年天京(南京)の危機を救った。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

りしゅうせい【李秀成 Lǐ Xiù chéng】

1823‐64
中国,太平天国後期の最高軍事指導者。広西省藤県の貧農出身で,最下層の戦士から身を起こし,とくに1856年(咸豊6)の大分裂後抜擢され,58年忠王に封ぜられ,安徽・江浙各地に転戦して頽勢挽回に寄与した。1860年以後上海近郊でしばしばイギリス軍や常勝軍と激戦を展開した。天王(洪秀全)の宗教的熱狂に批判的で,戦略面でもしばしば対立したが,天京陥落まで戦い続け,幼主を擁して包囲を突破したが村民に捕らえられ,まもなく曾国藩の独断で処刑された。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

李秀成
りしゅうせい
(1823―1864)

中国、太平天国後期の最高軍事指揮官。現在の広西チワン族自治区藤県の貧農出身で、一兵卒から身をおこし、相次ぐ軍功により1859年忠王に封ぜられた。英王陳玉成らとともに、1856年の大分裂で弱体化した太平天国の屋台骨を支えた。60年以後、おもに江浙(こうせつ)地方の占領と経営にあたり、60年と62年に上海(シャンハイ)に進攻し、英・仏軍、常勝軍、淮(わい)軍と激闘した。天王(洪秀全)の宗教的熱狂に覚めた批判をもち、戦略面でもしばしば対立したが、愚忠の観念から結局はこれに従った。天京(南京(ナンキン))放棄策がいれられず、天京最後の戦いの指揮をとり、敗北後幼天王を擁して脱出したが捕らえられ、64年8月、曽国藩(そうこくはん)に処刑された。虜囚のなかで書いた「自述」は、太平天国研究の最重要文献だが、曽国藩は天王の病死に関する部分などかなり改竄(かいざん)して公刊した。また、この自述が投降の書であるか否かの評価が、中国共産党内の対立つまり毛沢東(もうたくとう)と劉少奇(りゅうしょうき)の対立と絡んで、文化大革命の口火の一つとなった。[小島晋治]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

李秀成の関連キーワードゴードン(Charles George Gordon)清の時代(年表)欧陽予倩戴煕蘇州

今日のキーワード

OAR

2018年の平昌五輪に国家資格ではなく個人資格で参加したロシア国籍の選手のこと。「Olympic Athlete from Russia(ロシアからの五輪選手)」の略。14年ソチ五輪での組織的なドーピ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android