コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

上帝会 じょうていかい Shang-di-hui; Shang-ti-hui

4件 の用語解説(上帝会の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

上帝会
じょうていかい
Shang-di-hui; Shang-ti-hui

19世紀中葉,中国の太平天国運動の中核をなしたキリスト教宗教団体「拝上帝会」のこと。洪秀全が道光 23 (1843) 年に広西省桂平県で創始したもので,洪は自身を上帝 (ヤハウェ) の第2子でイエスの弟 (天弟) であると称して,人間の平等,偶像破壊アヘン厳禁を唱えた。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

じょうてい‐かい〔ジヤウテイクワイ〕【上帝会】

中国、末の宗教的秘密結社。1847年、洪秀全が広西省桂平県で組織。上帝2を唯一神として崇拝する。太平天国の前身となった。拝上帝会。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

じょうていかい【上帝会】

中国、清末、洪秀全こうしゆうぜんが創始した上帝を唯一神として崇拝する信徒の集団。太平天国の中核となった。拝上帝会。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

上帝会
じょうていかい

中国、太平天国挙兵の母胎となった集団。キリスト教のエホバと等視された上帝を唯一の神とし、いっさいの偶像崇拝を否定した上帝教を中心に形成された。「会」として明確に組織されたかどうか不明である。上帝教の創始者は洪秀全(こうしゅうぜん)であるが、上帝会は1844年以降、広西の潯州(じんしゅう)府紫荊(しけい)山地区を中心に布教した馮雲山(ふううんざん)によって普及し、47年ごろ約2000、50年末の挙兵時には客家(ハッカ)の農民を中心に老若男女あわせて1万人以上の大集団に発展した。厳しい禁欲的戒律と、人はみな上帝の子女として兄弟姉妹であるという思想に基づく信徒共同体として固い団結によって、高度の規律と団結力をもつ革命軍の形成の母胎となった。だが同時に、拡大過程で、神霊付体などの土着信仰の要素を加え、49年春以降、楊秀清(ようしゅうせい)、蕭朝貴(しょうちょうき)が天父・天兄(イエス)の代言者として会の指揮権を握った。[小島晋治]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

上帝会の関連キーワード曽国藩呉昌碩湘軍大同思想太平天国楊秀清国運黒旗兵天京太平天国小銭

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone