コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

東ティモール ひがしティモール East Timor

翻訳|East Timor

5件 の用語解説(東ティモールの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

東ティモール
ひがしティモール
East Timor

正式名称 東ティモール民主共和国 República Democrática de Timor-Leste。面積 1万4919km2。人口 109万2000(2011推定)。首都 ディリティモール島の東半分と沖合に浮かぶアタウロ(カンビン)島,ジャコ島,およびティモール島北西岸のパンテマカッサルを中心とする飛び地アンベノ地区で構成される国。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

東ティモール

ポルトガルや日本、インドネシアの支配を受け、2002年に独立。首都圏4都県とほぼ同じ約1万5千平方キロに121万人が住む。農業が主産業で、コメやトウモロコシ、イモ、ココナツなどを栽培。最近は輸出用としてコーヒー栽培に力を入れている。

(2016-06-09 朝日新聞 朝刊 栃木全県・1地方)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

ひがしティモール【東ティモール】

East Timor》東南アジア、小スンダ列島東端のティモール島東半分を占める共和国。正式名称は東ティモール民主共和国。首都ディリ。16世紀以降ポルトガル領。1949年にインドネシアがオランダから独立し同島西半がインドネシア領になっても、東半ではポルトガル支配が続いた。1975年東ティモール独立革命戦線(フレティリン)が独立を宣言したが、インドネシアが軍事侵攻。独立闘争の末、2002年に正式に独立。自給的農業のほか目立った産業に乏しい。人口115万(2010)。東チモール

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

東ティモール【ひがしティモール】

◎正式名称−東ティモール民主共和国Democratic Republic of Timor-Leste。◎面積−1万4954km2。◎人口−106万7000人(2010)。
→関連項目アジアインドネシア東南アジア

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

東ティモール
ひがしてぃもーる

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

東ティモールの関連キーワード東南アジア東南アジア条約機構アジア風邪アジアダラーアジアンポップス東南アジア学会東南アジア考古学会SEAFDEC(シーフデック)東南アジア映画祭東南アジア区系区

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

東ティモールの関連情報