コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

東京海上火災保険[株] とうきょうかいじょうかさいほけん

百科事典マイペディアの解説

東京海上火災保険[株]【とうきょうかいじょうかさいほけん】

1879年渋沢栄一の主唱,華族共同出資で東京海上保険として設立された日本最初の損害保険会社。1918年に社名変更。三菱財閥系。日本海運の発展とともに成長,トーキョー・マリーンの名は古くから世界的。
→関連項目東京海上日動火災保険[株]日本債券信用銀行[株]ミレアホールディングス[株]

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

とうきょうかいじょうかさいほけん【東京海上火災保険[株]】

トーキョー・マリーンの名前で知られる日本でいちばん古い損害保険会社。1879年渋沢栄一を中心に華族,岩崎弥太郎が大口の出資をし,東京海上保険会社として設立された。当初は貨物保険だけであったが,84年政府の出資を得て船舶保険を開始した。90年に社名を東京海上保険(株)に改称。1880年からロンドン,パリ,ニューヨークの三井物産の支店に代理店を委嘱,外国営業を始めた。92年ころから海難事故の続出などで海外業務が悪化,94年にはイギリスの営業が赤字となった。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

世界大百科事典内の東京海上火災保険[株]の言及

【各務鎌吉】より

…実業家。岐阜県の農家の次男に生まれ,東京高等商業学校(現,一橋大学)を卒業,1891年東京海上保険(現,東京海上火災保険)に入社。ロンドンで保険業務を研究し,その成果にもとづき,海外代理店の整理,決算制度の改正,減資などを行い,経営不振の同社を再建した。…

※「東京海上火災保険[株]」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

東京海上火災保険[株]の関連キーワードミレアホールディングス

今日のキーワード

かりゆし

1 沖縄方言で「縁起がよいこと」「めでたいこと」を表す語。2 「かりゆしウエア」の略。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android